サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

デボーションノート

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記24章〜

ヨシュア記24:1ーヨシュアはイスラエルの全部族をシェケムに集め、イスラエルの長老たち、そのかしらたち、さばきつかさたち、つかさたちを呼び寄せた。彼らが神の前に立ったとき、 *シェケム…ヨシュア記8:30~35で、出エジプトをした時に二十歳未満だった者…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記23章〜

ヨシュア記23:1ー主が周囲のすべての敵から守って、イスラエルに安住を許されて後、多くの日がたち、ヨシュアは年を重ねて老人になっていた。 *安住…ここでは、約束に地にて律法に従い、敵から守られて生きることを意味。 〜三つの意味の『安息』〜 ①天地創…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記21〜22章〜

ヨシュア記21章は、相続地としての割り当てがなく、イスラエル全土に散って住んだ『レビ人の町』についての記載です。 レビ族は律法の祭儀制度を執り行う特別な任務を仰せつかった部族として、イスラエルの全部族の中から割り当ての町々を得ました。 一般に…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記 20章〜

モーセに率いられてエジプトを出たイスラエルの民は、シナイ山で律法の基礎となる『十戒』を与えられ、荒野で徐々に『神の民』としてふさわしく生きるための律法が整えられていきました。 もし彼らが律法違反をした時は、身代わりとなる動物のいけにえをささ…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記15~19章〜

ヨシュア記15:13~14ーヨシュアは、主の命令で、エフネの子カレブに、ユダ族の中で、キルヤテ・アルバ、すなわちヘブロンを割り当て地として与えた。アルバはアナクの父であった。 カレブは、その所からアナクの三人の息子、シェシャイ、アヒマン、タルマイを…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記12~14章〜

この3章は、気になったポイントだけ。 ヨシュア記12:1ーイスラエル人は、ヨルダン川の向こう側、日の上る方で、アルノン川からヘルモン山まで、それと東アラバの全部を打ち、それを占領したが、その地の王たちは次のとおりである。 *日の上る方…このことば…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記11章〜

ヨシュア記11章は北パレスチナの征服について記されています。 ヨシュア記11:1~5ーハツォルの王ヤビンは、このことを聞いて、マドンの王ヨバブ、シムロンの王、アクシャフの王、 また北方の山地、キネレテの南のアラバ、低地、西方のドルの高地にいる王たち…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記10章〜

旧約聖書が難しいと感じるひとつの理由は、私たちに馴染みのない地名や人物名が多く、似通った名前のため区別を付けづらいことにあると思います。 この箇所も『ギブオン』『ギルガル』と『ギ』で始まる名称や、創世記では『ゼデク』なのに、ここでは『ツェデ…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記9章〜

ヨシュア記9:1~2ーさて、ヨルダン川のこちら側の山地、低地、およびレバノンの前の大海の全沿岸のヘテ人、エモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人の王たちはみな、これを聞き、 相集まり、一つになってヨシュアおよびイスラエルと戦おうとした。 ヨ…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記8章〜

ヨシュア記7:13bー『イスラエルよ。あなたのうちに、聖絶のものがある。あなたがたがその聖絶のものを、あなたがたのうちから除き去るまで、敵の前に立つことはできない。 こう言われた神のみことばに従い、イスラエルはアカンの罪を排除しました。 その結果…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記7章〜

箴言16:18ー高ぶりは破滅に先立ち、 心の高慢は倒れに先立つ。箴言18:16ー人の心の高慢は破滅に先立ち、 謙遜は栄誉に先立つ。アイ攻略の失敗は何だったのでしょう?アカンの罪だけだったのか…エリコ陥落の成功による高慢の罪もあったのか…アカンの罪 ヨシュ…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記6章〜

ヨシュア記6章は、エリコの聖絶についての記述です。 ここにも、不完全数『六』と完全数『七』ー『七人の祭司たち』『七つの雄羊の角笛』『七日目』『七度』『七度目』ということばが繰り返し出てきます。 また『聖絶』ということばが、17~19節に合計6回用…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記5章〜

聖書を読み解く時に気をつけなくてはいけないことの一つに、聖書の時代に自分が近づいていくこと、決して聖書のみことばを異邦人である私たちの現在の生活基準に置き換えて理解しないことというのがあります。 今回はそのことに注意しながら読んでいきたいと…

旧約聖書の歴史 〜ヨシュア記1~4章〜

明けましておめでとうございます いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。 今年もよろしくお願い致します。m(_ _)m 今日からは聖書アプリから『旧約聖書の歴史』という90日間の通読から始めることにしました。途中で挫折しないためにも、気づ…