読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

神のものは神に返しなさい。 〜マタイ22:15~22〜

わかっているようで、よくわかっていない『パリサイ派とサドカイ派の違い』とは…? 『ヘロデ党』とは…? 当時のユダヤ教の教派の違いを知ることで、より深くイエス様の教えを理解することができるのです。 マタイ22:15ーそのころ、パリサイ人たちは出て来て…

百人隊長のしもべの癒し 〜マタイ8:5~13〜

『百人隊長のしもべの癒し』はマタイだけでなく、ルカも7:1~10で記しています。 マタイ8:5ーイエスがカペナウムに入られると、ひとりの百人隊長がみもとに来て、懇願して、 *カペナウム… ガリラヤ湖のほとりにある町で、イエス様の公生涯の時代、ヘロデ・ア…

イエスの系図の重要性

マタイ1:6~7ーエッサイにダビデが生まれた。 ダビデにウリヤの妻によってソロモンが生まれ、 ソロモンにレハブアムが生まれ、レハブアムにアビヤが生まれ、アビヤにアサが生まれ、 マタイ1:11~12ーヨシヤに、バビロン移住のころエコニヤとその兄弟たちが生ま…

イエスによる終末預言 ⑹ 〜マタイ24:45~51〜

マタイ24章は、そこだけを見るのではなく。少し後ろに下がって聖書の全体像の中で、いつのことについて書かれた預言なのかを見ていく必要がありました。 最後の45~51節は、まさに今私たちが生きている教会時代のことについての注意事項が記されています。 多…

イエスによる終末預言 ⑸ 〜マタイ24:36~44〜

イエスはマタイ24章でこれまでに、患難時代に何が起こるのか、そして弟子たちの二番目の患難時代の終わり起こるキリストの地上再臨の時にどのような『しるし』があるのかを話されました。 26~44節では、患難時代前の『携挙』のときのことを話されています。 …

イエスによる終末預言 ⑷ 〜マタイ24:29~34と35〜

マタイ24:9~14で患難時代前半の出来事を、15~28節で患難期中期から後半の出来事を語られたイエスは、ここで地上再臨の時に何が起こるのかを預言しておられ、35節で千年王国の後、どのようになるのかを少しだけ語っておられます。 『携挙』を知らない方、もし…

イエスによる終末預言 ⑶ 〜マタイ24:15~28〜

15~28節でイエスは、ダニエル書9:27の預言を引用して、患難時代中期〜後半の3年半の出来事について語っておられます。 サタンは、キリストの地上再臨を阻止するために、ユダヤ人根絶を狙った迫害を展開します。 異邦人の救いは、反キリストの名前を意味する…

イエスによる終末預言 ⑵ 〜マタイ24:9~14〜

何がマタイ24章を理解するのを難しくしているのでしょう? それは時系列通りに書かれていないためでしょう。 そのため、マタイ24章だけから理解しようとすると、難解箇所になってしまうのです。 聖書の全体像がわかると、何節〜何節が『患難時代前のこと』な…

イエスによる終末預言 ⑴ 〜マタイ24:1~8〜

律法の中で『モーセのような預言者が現れたなら、彼に聞き従わなくてはならない』と命じられています。 申命記18:15ーあなたの神、主は、あなたのうちから、あなたの同胞の中から、私のようなひとりの預言者をあなたのために起こされる。彼に聞き従わなけれ…

聖餐式はいつまで? 〜マタイ26:26~29, 1コリント11:23~28〜

先日、聖餐式についてこんな質問をしてみました。 「キリストの命令である聖餐式は、いつまでやり続ける必要がある?」 答えは三択で、結果は以下のとおりでした。 A)教会時代の終わりー携挙まで…44% B)患難時代の終わりー地上再臨まで…28% C)千年王国の…

『賢い娘たち』と『愚かな娘たち』 〜マタイ25:1~12〜

御霊の内住のある教会時代の信者は『キリストの花嫁』ですが、多くのクリスチャンがマタイ25章の『十人の娘たち』のたとえを勘違いして、自分は『愚かな娘』ではないかと心配しています。 その心配は無用です! なぜなら、私たちの内に住まわれる御霊なる神…

マタイの召命 〜マタイ9:9~13〜

イエスの公生涯は仮庵の祭りの頃、ヨルダン川でバプテスマのヨハネからバプテスマを受けられた時から始まりました。 「公生涯は、過越の祭りで始まり、過越の祭りで終わった。」と言われるのは、バプテスマから半年後の過越の祭りで、エルサレムの都に上られ…

宗教指導者たちのイエス殺害計画 〜マタイ26:1~5〜

マタイ26:1ーイエスは、これらの話をすべて終えると、弟子たちに言われた。 *これらの話…神殿崩壊と世の終わりについての預言。 特に、25章では携挙直後に行われる『キリストの御座の裁き』ー25:14~30ーと患難時代後に行われる『賢い娘たちと愚かな娘たち』…

実のないいちじくの木 〜マタイ21:18~22〜

聖書には、キリストの公生涯最初の悪魔の誘惑にあう前の40日間の断食と関連させた『受難節』という記述はありませんが、エルサレム入城から公生涯最後の一週間である『受難週』が始まります。 マタイ21:18ー翌朝、イエスは都に帰る途中、空腹を覚えられた。 …

ヨナのしるし マタイ12:39~40

ヨナ書の内容を『実話』と理解していますか?それとも、教会学校の子どもたちが大好きな『お伽話』として受け止めていますか? 主イエスは、ユダヤ人たちに向かい、彼らがよく知っている旧約聖書のヨナ書から引用して、次のように言われました。 マタイ12:39…

さばいてはいけません…!? 〜マタイ7:1~5

マタイ7:1~5は、5章1節の『八福の教え』から始まり、7章29節まで続く『山上の垂訓』の一部です。この箇所は、『主の祈り』を中心に『逆順法』という表記がなされています。 A)群衆ー5:1~2 B)三つの話ー5:3~16 C)律法の成就ー5:18~20 D)六つの対立命題…

タラントの譬え 〜マタイ25:14~30〜

主イエスが十字架に架かる前に『再臨の時の備え』として語られた五つの譬え話の五番目ータラントの譬えーです。 『タラント』という言葉から連想する日本語として『タレント』という言葉がありますよね。もともとは同じ意味だったかな…!? 誰にでも皆同じもの…

羊と山羊の裁き 〜マタイ25:31~46〜

旧約聖書(律法と預言)はユダヤ人に託されました。 その内容をよく知らない私たち異邦人信者は、新約聖書も勘違いして理解してしまうことが多々あります。マタイ25章の『羊と山羊の裁き』を、現代のクリスチャンに適用して(自分は山羊組になるのではないか…

後の者が先になり、先の者が後になる 〜マタイ20:1~16〜

この箇所で有名な聖句が、16節の『あとのものが先になり、先の者があとになる』ですよね!? 時々、教会の中で礼拝後の交わりの時に、先輩クリスチャンから言われたりもするので、みことばとしてはよく知られていると思います。 今回は、その『意味』を考えて…

実によって見分ける 〜マタイ7:15~16〜

使徒17:11bー非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。 このみことばは、とても大切です。どんなに素晴らしいと思えるメッセージでも、みことばによる確認は必須です。 そしてもう一つ大切なことをイエス様は教えてくだ…

聖書が教える『地域教会』 〜マタイ16:16~18〜

マタイ16:16ーシモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」 マタイ16:17ーするとイエスは、彼に答えて言われた、「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたし…

死人たちに彼らの中の死人たちを葬らせなさい。 〜マタイ8:21~22〜

マタイの福音書8章には、5つの癒しが記されています。 ①マタイ8:1~4…重い皮膚病の癒し。『ツァラート』に感染しているかどうかの判断は、祭司の務めでした。モーセの律法では神殿に入ることを禁止されていたので、霊的祝福を受けることもできなかった。レ…

結婚披露宴のたとえ 〜マタイ22:1~14〜

マルコ4:33~34ーイエスは、このように多くのたとえで、彼らの聞く力に応じて、みことばを話された。 たとえによらないで話されることはなかった。ただ、ご自分の弟子たちにだけは、すべてのことを解き明かされた。 とあるように、イエス様は多くのたとえを話…

イエスの三大命令 〜マタイ28:16~20〜

マタイ28:19ーそれゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父・子・聖霊の御名によってバプテスマを授け、 宣教師になる決心に導くことが多い、このみことば。 第二義的な意味での『適用』としてはもちろん正しいのですが、そ…

天の御国のかぎ 〜マタイ16:13~19〜

マタイ16:13ーさて、ピリポ・カイザリヤの地方に行かれたとき、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々は人の子をだれだと言っていますか。」 *イエスは12弟子たちに『人々がイエスのことをどう認識しているか』を尋ねられました。これは非常に大事な質…

復活の主に出会った女たち 〜マタイ28:1~10〜

ユダヤ人社会は13歳以上の成人男子中心です。成人男子が10人以上いれば『シナゴーグ』ができます。新約聖書でもイエスを信じる者たちに対し『兄弟たち』と呼びかけられていますが、『姉妹たち』という呼びかけはありません。 この『姉妹たち』に相当する言葉…

赦されない罪

マタイ12:31~32ーだから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒瀆も赦していただけます。しかし、聖霊に逆らう冒瀆は赦されません。 また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであって…

クレネ人シモン 〜マタイ27:32〜

ピラトの官邸からゴルゴダの丘までの『ヴィア ドロローサ』と言われる十字架への道を、主はご自分がかかる十字架の横木を背負って歩かれました。 当時、十字架刑は町の城門の外の処刑場で執行され、処刑場までのできるだけ長い距離を市中引き回しをされまし…

ローマ総督ポンテオ・ピラト 〜マタイ27:11~26〜

「あなたは、イエスを誰だと言いますか?」と問われたら、何と答えますか? 「『自分をユダヤ人の王だ。』と言った嘘つきである。」? 「自分を神と等しくした『気違い』だ。」? 「私の自己中心の罪のために十字架に死なれ、葬られ、復活してくださった『神…

大祭司カヤパ 〜マタイ26:57~68〜

ゲッセマネの園で捕えられた時、イスカリオテ・ユダだけでなく、弟子たちはみなイエスを見捨てて、逃げてしまいました。cf マタイ26:56 その後、一晩中イエスは裁判のためにたらい回しにされました。 (1) カヤパのしゅうと名誉大祭司アンナスによる尋問…ヨハ…

ヤコブとヨハネの母 〜マタイ20:20~28〜

十二弟子の中でもペテロと並んで『一番弟子』のグループに入っていたのが、ゼベタイの子ヤコブとヨハネの兄弟でした。 cf マタイ4:21ーそこからなお行かれると、イエスは、別のふたりの兄弟、ゼベタイの子ヤコブとその兄弟ヨハネが、父ゼベタイといっしょに…

あるお金持ちの青年 〜マタイ19:16~22〜

この出来事は、共観福音書に記されているので、より深く理解するためにもマルコ10:17~31、ルカ18:18~30も平行して読んでみるといいと思います。 マタイ19:16ーこの青年は、どのような人物だったでしょう? cf マルコ10:20、ルカ18:21ーすると、その人はイエ…

カナン人の女の信仰 〜マタイ15:21~28〜

マタイ12章の『ベルゼブル論争』までは、福音の優先順位は『ユダヤ人』にありました。しかし『ベルゼブル論争』によりユダヤ人が民族としてメシアとして来られたイエスを拒否して以降、キリストの福音は異邦人にも及ぶようになりました。 osusowake.hatenabl…

ふたりの盲人のいやし 〜マタイ9:27~31〜

マタイ8:34ーすると、見よ、町中の者がイエスに会いに出て来た。そして、イエスに会うと、どうかこの地方を立ち去ってくださいと願った。 マタイ9:8ー群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな権威を人にお与えになった神をあがめた。 ふたりの盲人の癒しの前に…

ベルゼブル論争 〜マタイ12:22~28〜

マタイ12:22~28は【ベルゼブル論争】についての大事な記述。なぜなら、このときのパリサイ人たちの判断が、ユダヤ人たちにイエスをメシアとして認めさせない理由となったからです。 イエス様の時代、パリサイ人や律法学者たちは、悪霊の名前を聞き出し、その…

宮きよめ(1)〜ヨハネ2:13~22〜 & 宮きよめ(2)〜マタイ21:12~13〜

『宮きよめ』は1回だと思っている方が多くいらっしゃいますが、イエスの公生涯において、バプテスマから半年後の過越の祭りでエルサレムに上られた時と、十字架にかかるためにエルサレムに上られた時の計2回行われました。 『過越の祭り』『七週の祭り(ペ…

ペテロの召命 〜マタイ5:1~11〜

イエス様が捕えられた時、心配で大祭司カヤパの中庭まで入り込んで、事の成り行きを見守っていたペテロ。 鶏がニ度鳴く前に、三度も主を「知らない。」と裏切ったペテロ。 復活の主に出会い、聖霊を受けてからは、力強く『福音』を宣べ伝えた使徒ペテロ。 そ…

主の祈り 〜マタイ6:9~13〜

私たち人間は、神に似せて造られました。だから、創造主なる神とコミュニケーションすることができるように「祈り心」が与えられています。俗にいう社交辞令としての「祈っています」なのか、必ず祈りはきかれるという信仰による「祈り」なのか、その違いは…

イエスの養父ヨセフ マタイ1:18~25、2:13~15、2:19~23〜

宗教画とか「受胎告知」をよく見かけるけど、イエスの養父ヨセフの絵はあまりないし、話題にもあまりのぼらないですね。 でもね、結構魅力的な男性だった♡と思うのは私だけかしら?…なので、今回は「理想の男性」としてヨセフさんをちょっとご紹介します! …

悪魔の誘惑 vs 御子イエス 〜マタイ4:1~11〜

マタイ4章の荒野でのサタンの試みの箇所です。サタンの巧妙な手口や、誘惑に対する勝利の秘訣など、学びに役立てていただければと思います。 普段 何気なく呼んでいる聖書箇所が、ある時(あれっ!?)と気づくことってありますよね?マタイ4:1がそうだったこ…