サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

1コリント人への手紙

異言の用い方 〜1コリント人への手紙14章〜

以前、『異言の賜物』について、『その時』理解していたことや疑問に思っていたことをブログにまとめたことがありました。 今回は『異言の用い方』について、現在の私の理解をまとめてみたいと思います。 osusowake.hatenablog.com 私たちが信じる聖書の神様…

『神の国』

伝道するときに「キリストはあなたの罪のために十字架につけられ…と福音を語ると、「キリスト教は、人を『罪人』扱いするから好きではない」と言う方がおられます。 それは『罪人』という共通の言葉を使っていてもクリスチャンが意味することと、未信者が理…

聖餐式はいつまで? 〜マタイ26:26~29, 1コリント11:23~28〜

先日、聖餐式についてこんな質問をしてみました。 「キリストの命令である聖餐式は、いつまでやり続ける必要がある?」 答えは三択で、結果は以下のとおりでした。 A)教会時代の終わりー携挙まで…44% B)患難時代の終わりー地上再臨まで…28% C)千年王国の…

最も大切な福音 〜使徒19:11~16, 1コリント15:2~5〜

使徒16:30~31ーそして、ふたりを外に連れ出して「先生がた。救われるためには、何をしなければなりませんか」と言った。 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます」と言った。 パウロとシラスは『主イエスを信じな…

異言は不信者のためのしるし⁈ 〜1コリント14:21~22〜

1コリント14:21~22ー律法にこう書いてあります。「わたしは『異なった舌により、異国の人のくちびるによってこの民に語るが、彼らはなおわたしの言うことを聞き入れない。』と主は言われる。 それで異言は信者のためのしるしではなく、不信者のためのしるし…

セカンドチャンスはあるのか…?!

生まれながらの人は、人生で起こる喜怒哀楽の様々の出来事を通して、神様がご自分に立ち返れるように『分岐点』を、また教会やクリスチャンの友人を側に置いて『道しるべ』を示してくださっていることにも気付かずに生きています。 それでも『天国』に自分は…