読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

ホセア書の概要(3) 〜6~10章〜

神に選ばれ、その御手の中で一大民族にまで成長し、律法によって養われた『イスラエル』。 神の求愛を受けーエゼキエル16:8ー、神の妻となったのに、他の神々を慕い続ける背信の『イスラエル』に対し、神の裁きがくだります。 聖書の区分では5:15と6:1と分け…

ホセア書の概要(2)〜4~5章〜

神は預言者ホセアを立て、彼自身の結婚生活を通して、姦淫した妻を赦し愛することの苦悩を経験させました。 エゼキエル書16章によると、『神とイスラエルの関係』はまさに『ホセアと姦淫をする妻』の関係であることがわかります。イスラエルは神の妻(ちなみ…

ホセア書の概要(1) 〜ホセア書 1〜3章〜

ホセア1:1ーユダの王ウジヤ、ヨタム、アハズ、ヒゼキヤの時代、イスラエルの王、ヨアシュの子ヤロブアムの時代に、ベエリの子ホセアにあった主のことば。 著者は、『ベエリの子ホセア』ですが、どの部族出身の家系か、職業は何かなどは一切書かれていません…

人はどうしたら救われるのか?

エペソ2:8ーあなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。 聖書が伝える『救いの条件』は常に、神からの賜物であり、『恵みのゆえに、信仰によって』です。その理由は『誰も誇ること…

『教会』と『イスラエル』 〜ガラテヤ6:16〜

『教会』とは何か…? この理解が、みことばの解釈の土台となる神学の分岐点であるように思います。 ガラテヤ6:16ーどうか、この基準に従って進む人々、*すなわち神のイスラエルの上に、平安と哀れみがありますように。(新改訳聖書) ギリシャ語:Όσοι ακολο…

『人のたましい』と『悪の三位一体』の行き先

自分の死後「いったい『自分』はどこに行くのか」と考えてみたことはありますか? 「お墓はもう決めてある」と言われる方もいるかもしれませんが、たましいはどこに行くのでしょう? 何の根拠もなく『無になる』と思い込んだりしていませんか? 伝道者の書12…

レギオンに憑かれた人 〜ルカ8:26~39〜

ルカ8:26ーこうして彼らは、ガリラヤの向こう側のゲラサ人の地方に着いた。 *ゲラサ人の地方…ガリラヤ湖東海岸、デカポリス(ガリラヤ湖、ヨルダン川東岸に散在していた『十の都市』の意)の一つ。ギリシャの神々を祭る異邦人の町。そこから1.5km程南に断崖…

福音の種は『神の力』 〜マルコ4:26~29〜

イエスが、神の国を『種蒔きのたとえ』で群衆に語られたことは、共観福音書すべてにーマタイ13章、マルコ4章、ルカ8章ー記されています。 しかし、イエスはその解き明かしをいつも付き従っていた弟子たちになされましたーマルコ4:10。 それは、ユダヤ人た…

山上の変貌 〜ルカ9:28~36〜

ルカ9:27ーしかし、わたしは真実をあなたがたに告げます。ここに立っている人々の中には、神の国を見るまでは、決して死を味わわない者たちがいます。」 先日、求道者からこの節の意味がわからないと質問を受けました。 突然質問されると一瞬身構えてしまい…

栽培種と野生種のオリーブの木 〜ローマ11:17~24〜

キリストは公生涯において多くの譬え話をされました。そして、そのたとえには『真理』が込められていました。 マタイ13:34ーイエスは、これらのことをみな、たとえで群衆に話され、たとえを使わずには何もお話しにならなかった。 ヨハネ3:12ーあなたがたは、…

マタイの召命 〜マタイ9:9~13〜

イエスの公生涯は仮庵の祭りの頃、ヨルダン川でバプテスマのヨハネからバプテスマを受けられた時から始まりました。 「公生涯は、過越の祭りで始まり、過越の祭りで終わった。」と言われるのは、バプテスマから半年後の過越の祭りで、エルサレムの都に上られ…

愚かな信仰の人と賢い信仰の人 〜ルカ6:46~49〜

す〜っと読めてしまう譬え話ですが、立ち止まってその意味をじっくり考えてみたことはありますか? イエス様が教えられた “『土台』とは、何を指すのか?” 、説明できますか? わかっているつもりでも、いざ誰かに説明するとなると、言葉に詰まってしまうこ…

ぶどう園の中の実のならないいちじくの木 〜ルカ 13:6~9〜

四福音書の中で譬え話が多いのが、ルカの福音書ですね。 ユダヤ人が用いる譬え話には、個人名は出てきません。 常に『ある人/ある金持ち/女の人』という表現が用いられています。 逆に、実話の場合は個人名が用いられています。 また、象徴的な意味として …

宗教指導者たちのイエス殺害計画 〜マタイ26:1~5〜

マタイ26:1ーイエスは、これらの話をすべて終えると、弟子たちに言われた。 *これらの話…神殿崩壊と世の終わりについての預言。 特に、25章では携挙直後に行われる『キリストの御座の裁き』ー25:14~30ーと患難時代後に行われる『賢い娘たちと愚かな娘たち』…

神の小羊としての吟味〜マルコ11:27~33〜

出エジプト記12:6~7ーあなたがたはこの月の十四日までそれをよく見守る。そしてイスラエルの民の全集会は集まって、夕暮れにそれをほふり、 その血を取り、羊を食べる家々の二本の門柱と、かもいに、それをつける。 イエスは過越の祭りで屠られる『神の小羊…

実のないいちじくの木 〜マタイ21:18~22〜

聖書には、キリストの公生涯最初の悪魔の誘惑にあう前の40日間の断食と関連させた『受難節』という記述はありませんが、エルサレム入城から公生涯最後の一週間である『受難週』が始まります。 マタイ21:18ー翌朝、イエスは都に帰る途中、空腹を覚えられた。 …

良きサマリヤ人の譬え 〜ルカ10:25~37〜

ルカの福音書には多くの『譬え話』があります。特に『ベルゼブル論争』でイスラエルの民がイエスのメシア性を拒否して以降、たとえを用いずに話すことはありませんでした。 osusowake.hatenablog.com マタイ13:13ーわたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見…

不信仰な私をお助けください 〜マルコ9:14~29〜

この出来事の直前に『山上での変貌』の出来事がありました。cf マルコ9:1~13 osusowake.hatenablog.com マルコ9:14ーさて、彼らが、弟子たちのところに帰って来て、見ると、その回りに大ぜいの人の群れがおり、また、律法学者たちが弟子たちと論じ合っていた…

右手のなえた人 〜ルカ6:6~11〜

ルカ6:6ー別の安息日に、イエスは会堂に入って教えておられた。そこに、右手のなえた人がいた。 *安息日…出エジプト記20:9~10ー六日間、働いて、あなたのすべての仕事をしなければならない。 しかし七日目は、あなたの神、主の安息である。あなたはどんな仕…

メリバの水 〜民数記20:1~13〜

旧約聖書の中で、イスラエルの民の不信仰による回帰不能点に達した出来事は、『カデシュ・バルネアでの出来事』でした。 osusowake.hatenablog.com それと並ぶような出来事として、律法の代表者であるモーセが『約束の地カナン』に入れなくなった原因となっ…

サマリヤの女 〜ヨハネ4:1~30, 39~42〜

栄華を極めた王ソロモンも晩年になると、異邦人の妻たちの神々を受け入れ、偶像崇拝という罪を犯しました。 1列王記11:1, 3, 5ーソロモン王は、パロの娘のほかに多くの外国の女、すなわちモアブ人の女、アモン人の女、エドム人の女、シドン人の女、ヘテ人の…

盲人バルテマイの癒し マルコ10:46~52

マルコ10:46ー彼らはエリコに来た。イエスが、弟子たちや多くの群衆といっしょにエリコを出られると、テマイの子のバルテマイという盲人の物ごいが、道ばたにすわっていた。 *エリコ…エルサレムから約24km離れた町で、当時祭司やレビ人たちが4万人ほど住ん…

イエスの誕生の時期と公生涯の期間

聖書は、神の選びの民『イスラエル』を通して、人類に与えられました。 …と言うと、ある人は「ルカの福音書の著者ルカは、異邦人では?」と思うかもしれませんが、聖書ははっきりと次のように述べています。 詩篇147:19~20ー主はヤコブには、みことばを、 イ…

ぶどうの木の譬え ヨハネ15:1~8

「聖書って面白い!」と感じる理由の一つに、みことばの繋がりの発見があります。 よく知られているのは、旧約のメシア預言(イエスに関する預言)が、新約聖書で成就しているというものですが、実はメシア預言以外にもたくさんの箇所が縦横無尽に関連してい…

ヘブル人への手紙 9:11~12 〜メシアのいけにえの優位性〜

旧約の律法に基づく動物のいけにえに比べ、神の小羊としてのメシアのいけにえの方が優れていることを、三つの点で著者は示しています。 11節は、最初の優位性として『キリストの祭司の務め』について述べています。 ヘブル9:11ーしかしキリストは、すでに成…

ヘブル人への手紙 7:20~25 〜イエスの祭司職〜

聖書では『油そそぎ』を受ける職務が三つあります。 『王』『祭司』『預言者』ですが、その中でイスラエルのどの部族からでもなることができたのは『預言者』だけです。ダニエル、ゼパニヤはユダ族、エレミヤやエゼキエルはレビ族であり、預言者はまた男性だ…

ヘブル人への手紙 7:11~19 〜交代制の旧い祭司制度〜

ここまで、①メルキゼデクとイエス、②メルキゼデクとアロンを比較してきました。そしてここでは、三つ目として『レビ系祭司職と祭司としてのイエス』を比較しています。 ポイントは、レビ系祭司職がなぜ完全に到達できなかったのか、また、完全に到達できなか…

ヘブル人への手紙 7:4~10 〜メルキゼデクとアロンの規律との比較〜

まだ、モーセの律法が与えられる前の時代、しかもカナン人の王朝の名前を持つ『メルキゼデク』は系図の必要のない王であり祭司でした。 しかし、アロンの場合は弟モーセを通して与えられた『律法』があり、イスラエルの祭司になるには『レビ族』であることが…

ヘブル人への手紙 7:1~3 〜メルキゼデクとイエス〜

著者は、ヘブル5:10~11で一度メルキゼデクに触れていますが、それは受取人/読者たちにとっては『堅い食物』であったため、一旦横に置いて『信仰的に成長するように』と促しました。 ヘブル5:10~11ー神によって、メルキゼデクの位に等しい大祭司ととなえられ…

ヘブル人への手紙 6:9~20 〜救いの確実性〜

キリストの福音ー福音の三要素ーを信じて信仰告白した者は、たましいの救いをすでに受けています。 osusowake.hatenablog.com しかし、たましいが現在の肉体と共にある間は、この世にあって苦難があります。 人間は元々原罪により自己中心的な存在ですから、…

ヘブル人への手紙 6:1~8 〜前進の必要性〜

キリストの福音を受け入れ、信仰告白をした者は、たましいの救いを得ています。 【キリストの福音】 1コリント15:3~5ー私があなたがたに最もたいせつなこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書の示すとおりに、私た…

ヘブル人への手紙 5:11~14 〜停滞の事実・霊的幼子・信仰の後退〜

【第三の警告】 ヘブル5:11~6:20は、【成熟(聖化)しない危険性への警告】が記されています。 キリストの福音を信じた者は、神によって啓示された真理を吸収すると、御霊の実を結んでいきます。しかし、学んだことだけに満足していると、停滞し危険です。一…

ヘブル人への手紙 5:5~10〜御子イエスの資格〜

ヘブル5:1~4には、祭司の条件が四つ記されていますが、御子が『祭司』となるためにその四つの条件を満たしているかどうかということを検証してみたいと思います。 ヘブル5:5ー同様に、キリストも大祭司となる栄誉を自分で得られたのではなく、彼に、 「あな…

ヘブル人への手紙 5:1~4 〜祭司の条件〜

ヘブル書の著書が記す五つの比較のうち二つ目は、『信者たちにはより優れた祭司がいる』ということです。イエスの祭司職は、アロンの位に優る『メルキゼデクの位』に基づきます。 osusowake.hatenablog.com 〜祭司に必要な四つの条件〜 ヘブル5:1ー大祭司は…

ヘブル人への手紙 4:14~16 〜大祭司より優れた地位〜

ヘブル書3:7~4:13までは、『不従順に対する警告』でした。 4:14から著者は、ユダヤ教の三本柱〜モーセ・律法・レビ的祭儀制度〜の一つ『レビ的祭司制度』について、以下の五つの点で御子イエスと比較し、イエスの祭司職の方がレビ的祭司職より優れていること…

ヘブル人への手紙4:11~13 〜第二の警告:安息に入ることへの勧め〜

ヘブル4:11ーですから、私たちは、この安息に入るよう力を尽くして努め、あの不従順の例にならって落後する者が、ひとりもいないようにしようではありませんか。 *ですから…ヘブル書4:1~10を学び、理解した上で、の意。 〜三つの意味の『安息』〜 ①天地創造…

ヘブル人への手紙4:1~10 〜第二の警告:信仰の安息についての議論〜

『日曜日』のことを『安息日』だと思っている方がいますが、聖書では金曜日の日没〜土曜日の日没までを指します。 聖書では、『日曜日』のことを『週の初めの日』と記しています。 さて、その『安息』には三つの意味があります。 ①天地創造の安息…わざの完了…

ヘブル人への手紙3:7~19 〜第二の警告:不従順となる危険性〜

この箇所は、民数記13~14章の『カデシュ・バルネアの罪』が背景となっています。 神のみことばによる約束よりも、人の目で見、人が感じたこと、人のことばを信じることの危険性に、私たちも気をつけなくてはなりません。 何のことかよくわからないという方は…

ヘブル人への手紙 3:1~6 〜モーセよりも優れた御子〜

ユダヤ教の教えには、三つの柱となる『御使い・モーセ・祭儀制度』があります。 著者は、これらの三本柱と御子を対比させ、ユダヤ教に回帰しようかと迷っていたヘブル書の受取人たちに、御子の方がより優れていることを立証して、信仰に留まるように説得して…

ヘブル人への手紙 2:10~18 〜御子による救い〜

神の御子イエスは、なぜ『人』として来られたのでしょう? なぜ、ローマの極刑である十字架での苦しみの『死』を迎えなければならなかったのでしょう? 著者は、10~18節で『メシアの死』の目的について述べています。 イエスの受肉と十字架に死には、四つの…

ヘブル人への手紙 2:5~9 〜御子の人間性〜

著者はヘブル人への手紙1章で、御子は『神』であり『御使いたちよりまさるお方』であることを記しました。 ヘブル1:14では、御使いたちは『支配者』ではなく、『信者に仕える者たち』であることが教えられました。 ヘブル1:14ー御使いはみな、使える霊であ…

ヘブル人への手紙 2:1~4 〜第1の警告〜

ヘブル人への手紙の受取人たちは、直接イエスから宣教された人々からの伝道によって信仰を持った人々です。せっかくメシアを信じて、すべての罪を取り除かれ、たましいの救いを得たにもかかわらず、迫害の厳しさにユダヤ教に回帰しようという思いに囚われて…

ヘブル人への手紙 1:4~14 〜御子の神性〜

「キリストは100%神であり、100%人として来てくださいました。」と私たちは普段よく口にしますが、聖書のみことばからそれを説明できるクリスチャンはどれほどいるでしょうか? 著者は、ユダヤ教の三本柱である『モーセ・御使い・祭儀制度』と御子を比較して…

ヘブル人への手紙 1:1~3 〜イントロ〜

新約聖書の書簡は、誰が書いたかによって受取人がわかるところが面白い! ローマ人への手紙〜ピレモンへの手紙は、異邦人の使徒となったパウロから、異邦人の教会(エクレシア)または、個人の異邦人信者宛。 ガラテヤ2:8ーペテロにもみわざをなして、割礼を…

聖書の全体像・神様のご計画 〜創世記~黙示録〜

創世記1:1ー初めに、神が天と地を創造した。 この創造の時に天の御使いたちも造られた。御使いたちは結婚したり、子どもを産んだりはしない。階級とその働きに違いがある。ケルビムの中の最高位に着いたのが、サタンとなった俗に言うルシファー。 osusowake.…

ピリピ人への手紙 4:8~23

ピリピ4:8ー最後に、兄弟たち。すべての真実なこと、すべての誉れあること、すべての正しいこと、すべての清いこと、すべての愛すべきこと、すべての評判の良いこと、そのほか徳と言われること、称賛に値することがあるならば、そのようなことに心を留めなさ…

ピリピ人への手紙 4:1~7

ピリピ4:1ーそういうわけですから、私の愛し慕う兄弟たち、私の喜び、冠よ。どうか、このように主にあってしっかりと立ってください。私の愛する人たち。 *私の愛し慕う兄弟たち、私の喜び、冠よ…これがパウロがピリピの信者たちに対する愛と思いでした。 …

ピリピ人への手紙 3:13~21

ピリピ3:13ー兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕らえたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、 *うしろのものを忘れ…過去に捉われ、思い返して落ち込むのではなく、の意…

ピリピ人への手紙 3:4~12

ピリピ3:4ーただし、私は、人間的なものにおいても頼むところがあります。もし、ほかの人が人間的なものに頼むところがあると思うなら、私は、それ以上です。 ユダヤ主義者たちは、肉の割礼や行ないなど人間(肉)的なものを誇っていました。 その彼らに対抗…

ピリピ人への手紙 3:1~3

ピリピ3:1ー最後に、私の兄弟たち。主にあって喜びなさい。前と同じことを書きますが、これは、私には煩わしいことではなく、あなたがたの安全のためにもなることです。 パウロは『主にあって喜ぶ』ことが、ピリピの信者たちの『安全のため』にもなると記し…