サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

ヨハネの黙示録18章

www.dropbox.com

*『神様のご計画』の表訂正:X 五旬節/ペンテコステ 使徒1:9 →O 使徒2:1~4

 

 黙示録18章に書かれている内容は、患難時代後半の3年半に起こる出来事です。

 

17章に出て来た「大バビロン」には、二つの意味があります。

a) 宗教的な意味…統一化された背教の教会を指す。

b) 政治的な意味…世界を支配する統一政府を指す。

18章では後者の「反キリストが支配する統一国家」を意味します。

 

黙示録18:1ー17章で「大バビロン」の幻を見せられたヨハネは、もうひとりの御使いが大きな権威を帯びて、天からくだって来るのを見ました。地はその栄光のために明るくなりました。

 

黙示録18:2ー【大バビロン】

反キリストが再建する都市であり、世界の首都となります。反キリストはこの都市から、政治と経済を患難時代後半の3年半の間支配するようになるのです。

*彼の支配が及ばない地は、現在のヨルダン国の辺り(ボツラ)だけとなります。そこにイスラエルが非難することになるのです。そして、千年王国の期間は、悪霊がそこに住む(閉じ込められる)ようになります。

 

御使いは力強い声で、その「大バビロンが倒れた」と叫びました。「大バビロン」に滅びの日がくることの預言です。大バビロンは廃墟となり、あらゆる汚れた霊ども(悪霊)がそこに住むようになります。cf エレミヤ書51:41~44。

 

 

*キリストの地上再臨後、「千年王国」の間、悪霊たちが住処とする(閉じ込められる)所は二カ所。反キリストの支配が及ばなかったエドムの地ボツラ(現在のヨルダン南部)と大バビロン(イラク南部)です。

詳細は黙示録20章で。

 

黙示録18:3ー反キリストに加担していた王たちや商人たちは、反キリストが行なう悪の支配によって富を得ていました。またあらゆる国の民(異邦人)は、反キリストとサタンを神として礼拝し、聖徒たちを迫害したためにさばきに遭うのです。

ぶどう酒…患難時代前半に殺された聖徒たちの血。

 

黙示録18:4ヨハネは天からのもう一つの声を聞きました。その声は、神の民に対する避難勧告です。その内容は、

この女(大バビロン)から離れなさいという指示。 

その罪に預からないため。 

その災害を受けないため…大バビロンの裁きに巻き込まれないため。

 

ここで「わが民よ」と呼びかけられているのは、大バビロンに住むユダヤ人たちのことです。

 

黙示録18:5ー積み重なって…直訳:結び合わされて。 神は彼女の不正を覚えておられる…cf 黙示録20:12-数々の書物。マラキ3:16-記憶の書。

 

cf 黙示録20:13bー人々はおのおの自分の行ないに応じてさばかれた。

伝道者の書12:14ー神は、善であれ悪であれ、すべての隠れたことについて、すべてのわざをさばかれるからだ。

 

黙示録18:6ー大バビロンは、自ら犯した罪に対して(行ないに応じて)二倍の罪を受けることになるのです。

cf ヤコブ2:13ーあわれみを示したことのない者に対するさばきは、あわれみのないさばきです。あわれみは、さばきに向かって勝ち誇るのです。

 

黙示録18:7ー自分を誇り…高慢。(クリスチャンは主の十字架を誇りとします。ーガラテヤ6:14) 好色…別訳:ぜいたく。

『私は女王の座に着いている者であり、やもめではないから、悲しみを知らない。』…これは高慢な神を恐れない者のことばです。

 

黙示録18:8ー神のさばきは一日にうちに、つまり瞬時に来るということです。一日のうちに、死病、悲しみ、飢えといったさまざまな災害が大バビロンを襲い、火で焼き尽くされるのです。黙示録19:3では「永遠に煙が立ち上る」とあります。

 

霊的な死も肉体的な死も、またそれ以降の人類の歴史における神のさばきも、すべて神さまは愛する者たちへ警告をお与えることなく、さばきを下すことはなさいませんでした。「大バビロンから離れなさい」という勧告をユダヤ人たちは受け入れるようになります。

 

現代を生きる私たちはどうでしょう? これから起こる神のご計画を、黙示録を通して神はあらかじめ知らせてくださっているのに、その内容を知らない人があまりにも多いのが現状です。これから先の神ご計画を知り、今をどう生きるかを考えることは大切です。みことばを無視せず素直に受け入れましょう。

 

黙示録18:9~19では、大バビロンの崩壊を見て嘆く人々が記されています。

 

黙示録18:9ー①地上の王たち…反キリストに従って世界を支配しようとしていた王たちは、一瞬で崩壊する大バビロンを見て泣き、悲しみます。

 

黙示録18:10ー遠く離れた所から煙の立ち上る都を見て嘆き悲しみます。

 

黙示録18:11ー②商人たち…反キリストに従うことによって、大きな富を得ていた商人たち。彼らは、12~13節にあるようにあらゆる物を商品として扱っていましたが、都の崩壊により買い手がいなくなります。彼らの悲しみは、儲けがなくなるからです。

 

黙示録18:12ー金・銀・宝石・真珠…貴金属。 

麻布・紫布・絹・緋布…高価な衣装。 香木・さまざまの象牙細工・高価な木や銅や鉄や大理石で造ったあらゆる種類の器具…室内装飾品。 

 

黙示録18:13ー肉桂・香料・香・香油・乳香…祭の時に用いるもの。

ぶどう酒・オリーブ油・麦粉・麦・牛・羊…食料

馬・車・奴隷・人のいのち…労働

 

黙示録18:14ー彼らが扱っていた果物や、はでな物、華やかな物は見いだせなくなります。

 

黙示録18:15~17aー商人たちもまた王たち同様、遠く離れた所から、自分たちが大きな富を得ていた大バビロンの崩壊を見て、驚き、嘆き悲しんでいます。

 

黙示録18:17bー船長・船客・水夫・海で働く者たち…海運業者たち。舟を使って商品を運ぶことで富を得ていた人たち。

彼らもまた、遠く離れた所から大バビロンの崩壊を見ていました。

 

黙示録18:18ー自分たちに大きな富をもたらしてくれたこんな素晴しい都がほかにあるだろうか、と嘆いているのです。

彼らは神にではなく、この世の金に仕える人々です。

私たちは天に宝を積む生き方をするようにと、主は教えておられます。cf マタイ6:20

 

黙示録18:19ーこの世の富は一瞬にして消え行くものです。儲けが無くなることを泣き悲しんでいる彼らは、やがて神のさばきの前でもっと嘆き悲しむことになるのです。

神の前に悔い改めるチャンスは、肉体の死を迎えるまでの間です。今、悔い改めて、主にある平安を得ることができますように。

 

黙示録18:20ー王たち、商人たち、海運業者たちの嘆きとは反対に、大バビロンの崩壊を喜ぶ人々がいます。聖徒たち・使徒たち・預言者たちです。偽の教会により迫害されて来た聖徒たちのために、神が大バビロンをさばかれたからです。大バビロンの崩壊はキリストの再臨が近いことを表わしています。

 

黙示録18:21ー大バビロンは、ひき臼が海に投げ入れられるように、激しく打ち倒され、跡形もなくなってしまいます。

 

黙示録18:22ーもう音楽どころか、生活音そのものがなくなります。

 

黙示録18:23ー結婚式の喜びの声も、あらゆる喜びの声も聞かれなくなります。なぜなら世界の中心地として大バビロンが、人々をサタンと反キリストに仕えるように偽の教会として騙してきたからです。

 

黙示録18:24宗教的・政治的・経済的中心地、大バビロンの滅亡…預言者や聖徒たちを迫害し、その血を吸ったこの都は滅ぼされます。

 

大バビロンの滅亡を、王や商人たちのように地上の視点でみるか、預言者や聖徒たちのように天上の視点で見るかによって、捉え方が違ってきます。私たちの日々の生活の中での出来事も、どちらの視点で見るかによって、受け止め方に大きな違いがでます。主にある者として天上の視点で見れますように。