サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

ポンテオ・ピラトとユダヤ人たち 〜ヨハネ18:28~32〜

最後の晩餐を弟子たちと取った後、祈るために行かれたゲッセマネの園で、イエスは捕えられました。

そして、時の大祭司カヤパのしゅうとである①アンナスの前で尋問を受け、②大祭司カヤパの裁判を受けた後、ローマ総督ピラトの官邸に連れて行かれました。

 

ヨハネ18:28ー官邸に入らなかった…異邦人であるピラトの官邸に入ると儀式的に汚れるとされ、ユダヤ人たちは『過越の食事』が食べられなくなることを恐れてのこと。

 

ユダヤ人(ユダヤ教の指導者たち)は、何時頃ピラトのもとに連れて行ったのでしょう?

 

ヨハネ18:29ーローマ総督ピラトの方から出て来たのは、そのためです。

ピラトはどのような思いで、このような時間に対応したと思いますか?

 

ヨハネ18:30ーなぜユダヤ人たちは、すぐにイエスの罪状を言わなかったのでしょう?

 

ヨハネ18:31ーなぜユダヤ人たちは、ローマ総督ピラトのもとに連れて行ったのでしょう?彼らの本当の目的とは何でしょう?

 

彼らの訴えに対して、ピラトの対応はどうでしたか?

 

『過越の食事』を食べるためには儀式的な口伝律法を堅く守り、一方でイエスを『殺す』ために早朝からローマ総督ピラトのもとを訪れるユダヤ人たちのこのような矛盾した行動をどう思いますか?

 

このような矛盾を感じたことがありますか?

 

「私たちには、だれを死刑にすることも許されてはいません。」…ユダヤ教にも『石打ち刑』という死刑法がありましたが、イエスの十字架の頃だけはその執行権をローマ政府によって剥奪されていました。

 

ヨハネ18:32ユダヤ教の律法による死刑法『石打ちの刑』に処すことができなかった彼らは、結局何の権威に服従することになったのでしょう?

 

自分たちの願望を達成するために、いろいろ手を打っているユダヤ人とは対照的に、イエスの預言通りに事が展開していく様子を見てどう思いますか?

なぜイエスは預言出来たのでしょうか?

cf マタイ20:18~19ー「さあ、これから、わたしたちはエルサレムに向かって行きます。人の子は、祭司長、律法学者たちに引き渡されるのです。彼らは人の子を死刑に定めます。

そして、あざけり、むち打ち、十字架につけるため、異邦人に引き渡します。しかし、人の子は三日目によみがえります。」

 

本当に守るべきことと、人間が決めた伝統や習慣に縛られた生き方をどう思いますか?

 

使徒5:27~29ー彼らが使徒たちを連れて来て議会の中に立たせると、大祭司は使徒たちを問いただして、

言った。あの名によって教えてはならないときびしく命じておいたのに、何ということだ。エルサレム中にあなたがたの教えを広めてしまい、そのうえ、あの人の血の責任をわれわれに負わせようとしているのではないか。」

ペテロをはじめ使徒たちは答えて言った。「人に従うより、神に従うべきです。

 

*使徒たちは、時の大祭司に対しても堂々と『人に従うより、神に従うべきだ』と答えました。それは、イエスの三大命令の(1)に従ったものでした。

 

cf マタイ28:19aーそれゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。

 

あなたは使徒たちのように『従うべき神の命令』を理解していますか?

使徒たちのような決断をすることができますか?

自分より上の者の命令が、神の命令と一致しているかどうか吟味していますか?

cf 使徒17:11b非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。