サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

神の創造の六日間と安息 ⑴ 〜創世記1:1~3〜

キリスト教の信仰の土台は、『イエスこそ生ける神の御子キリストです。』という信仰告白であり、そのイエスが私たちの罪のために十字架にかかり、死んで葬られ、三日目に復活された『キリスト』だと信じることです。

 

なぜ、それを信じることができるのでしょうか?

 

神をどのようなお方だと捉えるかによって、同じクリスチャンであっても信じ方に違いがあるように思います。

マタイ19:26ーイエスは彼らをじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。

ルカ1:31神にとって不可能なことは一つもありません。

Ⅱ テモテ3:16聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。

 

これらのみことばを素直に受け入れられる人々は、『神が六日間で世界を創造された』ということも信じられるでしょう。

しかし、学校教育で習った『進化論』の影響を強く受けている人は、たとえクリスチャンであっても、創世記(もしくは、他の箇所も)の一部を『お伽話』として一蹴してしまうでしょう。

 

私は前者の信仰に立っていますので、その観点から『六日間の創造』についてまとめてみようと思います。

 

創世記1:1ー初めに、神が天と地を創造した。

*神…ヘブル語:エロヒム。複数形(三つ以上)を表す。日本語で例えるなら、バナナや葡萄を数える時の『房』のように『一房=実際には、実はたくさん付いている』という感じ。しかし、聖書の『神』は同時に『ひとり』のお方でもあります。

 

イザヤ44:24ーあなたを贖い、

あなたを母の胎内にいる時から形造った方、

こう仰せられる。

「わたしは万物を造っただ。

わたしはひとりで天を張り延ばし、

ただ、わたしだけで、地を押し広げた。

 

*創造した…無から創り出す、の意。

ここでは、主語の『エロヒム』が複数形を表わすの対し、動詞は単数形が用いられており、三位一体を示唆している。

エレミヤ10:11ーあなたがたは、彼らにこう言え。「天と地を造らなかった神々は、地からも、これらの天の下からも滅びる。」と。

 

ヨブ記38:4ーわたしが地の基を定めたとき、

あなたはどこにいたのか。

あなたに悟ることができるなら、告げてみよ。

 

創世記1:2ー地は形がなく、何もなかった。やみが大いなる水の上にあり、神の霊は水の上を動いていた。

*形がなく、何もなかった…カオス:混沌とした。ヘブル語:トーフー ワボーフ。無秩序の状態。

 

イザヤ34:11ペリカンと針ねずみがそこをわがものとし、

みみずくと烏がそこに住む。

主はその上に虚空の測りなわを張り、

虚無のおもりを下げられる。

*虚無創世記1:2の『形がなく、何もなかった』と同じヘブル語:トーフー ワボーフが使われている。

ここはエドム人の地『ボツラ』が千年王国で、黙示録9:1~3で『底知れぬ所』から解き放たれた悪霊たちの住処となることを預言した箇所。

 

創世記1:31を見ると『神はお造りになったすべてのものをご覧になった。見よ。それは非常によかった。』とありますから、創世記1:1で造られた世界も『非常によかった』はずです。

なのになぜ、『形がなく、何もなかった』『虚無』『混沌とした』状態だと、聖書は記しているのでしょうか?神が『そのように創造された』とは理解しがたいですね。

 

創世記1:1で神が造られた世界も完全であり、美しいものだったはずです。そこで聖書の他の箇所から考えられる一つの説が『ギャップセオリー』と言われるものであり、創世記1:11:2の間には『時間的隔たりがある』とするものです。

つまり1節と2節の間に、サタンの堕落があり、その結果『地は混沌とした』と考えるものです。

 

それを伝えていると思われる箇所が、エゼキエル書28:12~15イザヤ書14:12~15です。

天使の階級とサタンの領域 - サザエのお裾分け

 

創世記1:1で神が造られた世界の中で、被造物の頂点を極めた天使ケルブの堕落により、天の聖所は汚され、地は混沌としてしまったわけです。

その天の聖所を『神の小羊』の血できよめられたのが、復活直後のイエス様でした。

イエスの埋葬と復活 - サザエのお裾分け

 

創世記1:2bユダヤ教のラビ的表現では『神の霊は、最古の混沌の上を鳩のように動き、飛び交い、秩序と美を吹き込んだ。』ーby バークレー ーとなっています。

 

サタンの堕落により混沌とされたものであっても、神が創造された世界を聖霊が大事そうに守られているイメージです。

 

創世記1:3ーそのとき、神が「光よ。あれ。」と仰せられた。すると光ができた。

*そのとき…And but 希望がある。

*神…三位一体の第一位格。御父が発せられた『ことば』によって『光』ができました。

しかし、この『光』は太陽の光ではなく、『シャカイナグローリー=神の栄光』です。太陽が造られるのは『第四日目』ですから、最初の三日間は神の栄光、シャカイナグローリーの光のもとに世界が存在していたことになります。

 

ヨハネは後に、福音書で次のように記しています。

ヨハネ1:1初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。

ヨハネ1:14ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られた独り子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。

 

ヨハネが証言した『ことば』こそ、創世記1:3の『光よ。あれ。』であり、その『神のことば』こそが、肉をもった人として誕生されたメシア、神の御子イエス・キリストなのです。

つまり、創世記1:1ー御父、1:2ー御霊、1:3ー御子として『三位一体の神』が天と地の創造の御業に携わっておられるのです。

 

創世記1:4以降、神様の創造の御業はすべて、『ことば』を発することで行われています。私たちのように材料を用いたりはしていないのです。本当に『無からの創造』であることがわかります。

このことを理解したとき、人は『六日間の天地創造』をお伽話と一蹴することはできなくなるのではないでしょうか?