読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

神の創造の六日間と安息 ⑶ 〜創世記1:24~1:31〜

 神の創造の六日間の中で、一番最後に造られたのがわれわれ人間です。

 

創世記1:24ー神は仰せられた。「地が、種類にしたがって、生き物を生ぜよ。家畜や、はうもの、野の獣を、種類にしたがって。」そのようになった。

*陸の動物もまた『種類にしたがって』造られました。神様が定められた『種類』を超えて掛け合わせることができても、『新種』として繁殖することはできません神様が定められた『境界線』を超えることはできないのです。

 

創世記1:25ー神は、種類にしたがって野の獣、その種類にしたがって家畜、その種類にしたがって地のすべてのはうものを造られた。神は見て、それをよしとされた。

*神は、種類別に造られた動物たちを見て『良し』とされました。

 

創世記1:26ー神は、「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。」

*われわれのかたちとして…三位一体の神のご性質に似せ(愛、聖、永遠、潔さ等を慕う心を与えられ)て、人間を造られました。

*第六日目の最後に『人』を造られました。神様が世界の支配者であられるように、被造物世界を人に支配させるという目的をもって造られたのです。

 

創世記1:27ー神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。

*ご自身のかたち…具体的に、いくつか例をあげると、

【神は愛です】愛は、愛する対象があって初めて成り立つものです。独身者に「あなたの妻(夫)を愛していますか?」と訊いても「はい」とは言えないでしょう。まだ対象となる相手がいないのですから…。ではなぜ唯一なる神は愛であると言えるのでしょう?

それは、神ご自身の中に「父・子・御霊」という三つの位格としての存在、関係(交わり)があるからです。だから、私たちも誰かを愛したい、誰かに愛されたいと思うのです。

【神は永遠なる方】だから、私たちも「永遠のいのち」を求めるのです。

【神は不変なる方】だから、私たちもいつまでも若くありたいと願い、大きな環境の変化を好まないのです。

【神は聖なる方】私たちも聖さを好みます。間違ったこと、曲がったことを嫌うのはそのためです。

【神は癒し主】だから私たちにも自然治癒力が備わっているのです。

【神は助け主】だから私たちも困っている人を助けたいと思い、行動するのです。

【神は造り主】だから私たちも物を作りということをするのです。

【神は全知全能なる方】人間にのみ知識欲が備えられています。

 

創世記1:28ー神は彼らを祝福された。神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」

*成人男性と成人女性で造られたので、「生めよ。ふえよ。」と祝福のことばをかけられています。また神に似せて造られたので、神と同じように被造物世界を『支配する』ように命じられています。

 

創世記1:29ー神は仰せられた。「見よ。わたしは、全地の上にあって、種を持つすべての草と、種を持って実を結ぶすべての木をあなたがたに与える。それがあなたがたの食物となる。

*ここに『食物規定』があります。人に食べることが許されていたのは、『種を持つすべての草』と『種を持って実を結ぶすべての木(の実)』でした。

 

創世記1:30ーまた、地のすべての獣、空のすべての鳥、地をはうすべてのもので、いのちの息のあるもののために、食物として、すべての緑の草を与える。」そのようになった。

*人間以外の生き物には『すべての緑の草』が食物として与えられました。これはノアの一家が箱舟から出てくるまで続きます。

 

創世記1:31ー神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。夕があり、朝があった。第六日。

*それは非常に良かった… 第三日目に造られた陸地に植物は生えさせ、その陸地に生息する動物と人間、そして植物を生き物の食物として与えられました。

 

第一日目に造られたのは、A)光、B)暗。

第四日目に造られたのは、A')太陽、B')月星。

 

第ニ日目に造られたのは、A)大空、B)水。

第五日目に造られたのは、A')鳥、B')魚。

 

第三日目に造られたのは、A)陸地、B)植物。

第六日目に造られたのは、A')動物、B')人間。

 

つまり、命ある物が造られたときには、すべてが整えられており、飢えることもない世界だったのです。

 

*創世記2:4以降は『再記述の法則』に基づき、時間軸を少し戻して、より詳細に人が造られてから罪を犯すまでの様子が記されています。

八つの契約 1)エデン契約 - サザエのお裾分け

八つの契約 2)アダム契約(含「原罪」) - サザエのお裾分け