読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

執筆年代順『新約聖書』

普段、聖書通読をする時、さほど気にしない『執筆年代』ですが、聖書理解には欠かせない情報の一つです。手紙が書かれた時、著者は『どこまで情報を知っていた』のかを吟味せず、思い込みで理解してしまうことが多々あるからです。

 

そこで、今回は新約聖書を執筆年代別に並べてみることにしました。

こうして見ると、AD70年に神殿が崩壊してして以降、80年代に入るまで聖書に収められた書簡がないことに気づきます。迫害が強く、激動の時代だったのでしょう。

 

1)ヤコブの手紙AD45~50年頃。

  ヤコブは主イエスの『異父兄弟』ーマルコ6:3エルサレム教会の初代監督。

  使徒の働き15章の『エルサレム会議』よりも前に書かれた可能性があり、ユダ

  ヤ人の書簡だということを考慮すると、さらに前のAD34~35年頃の教会時代

  初期に書かれたことも考えられる。新約聖書の中で一番先に書かれた書簡。

 

2)ガラテヤ人への手紙AD49~55年頃。

 

3)マルコの福音書AD50年代。

  四福音書の中で一番先に書かれた。『王』であるキリストを紹介。

  『福音書』は、私たちの注意を神の御子に向けさせる。

 

4)1テサロニケ人への手紙AD51年頃。

5)Ⅱテサロニケ人への手紙AD51年頃。

 

6)1コリント人への手紙AD55~56年。

  15:52ー『終わりのラッパ』をヨハネの黙示録に書かれている『七つのラッパ

  の裁きの第七のラッパ』と結びつけて、「携挙は、患難時代中期(または後

  期)」という解釈をする人がいますが、黙示録は1コリントの手紙が書かれた

  40年後に書かれているので、パウロが『ラッパの裁き』を知る由はありませ

  ん。

 

7)ローマ人への手紙AD56年頃。

   新約聖書の書簡で、ローマ人への手紙〜ピレモンへの手紙までは『異邦人の

   使徒』となったパウロが、異邦人の教会、もしくは異邦人信者に宛てたも

   の。

   ガラテヤ2:8ーペテロにみわざをなして、割礼を受けた者への使徒となさっ

          た方が、私にもみわざをなして、異邦人への使徒としてくだ

             さったのです。

 

8)Ⅱコリント人への手紙AD56~57年。

 

9)ルカの福音書AD59~60年。

  『しもべ』としてのイエスを紹介。

  多くの人が著者の名前から『ルカは 、聖書筆者中唯一の異邦人』と言われて

  いるが、神はみことばをユダヤ人に託したことを考慮すると、ルカだけ『異

  邦人』という説には疑問が残る。『ユダヤ人』とするのが妥当でしょう。 

  詩篇147:19~20主はヤコブには、みことばを、

            イスラエルには、おきてとさばきを告げられる。

            主はどんな国にも、

            このようには、なさらなかった。

            さばきについて彼らは知ってはいない。

            ハレルヤ。

 

  ローマ3:1~2ーでは、ユダヤ人のすぐれたところは、いったい何ですか。

          割礼にどんな益があるのですか。

          それは、あらゆる点から見て、大いにあります。

          第一に、彼らは神のいろいろなおことばをゆだねられていま

          す。

 

  福音の優先順位も、異邦人より先にユダヤ人にあるのです。

  使徒13:46ーそこでパウロとバルナバは、はっきりとこう宣言した。

       「神のことばは、まずあなたがたに語られなければならなかったの

                           です。 しかし、あなたがたはそれを拒んで、自分自身を永遠のい

                           のちにふさわしくない者と決めたのです。見なさい。私たちは、

         これからは異邦人のほうへ向かいます。 

 

  ですから、パウロたちは行く先々でユダヤ人の会堂に入り、まずユダヤ人たち

  に福音を語りました。

  使徒14:1ーイコニオムでも、二人は連れ立っってユダヤ人の会堂にはいり、話

       をすると、ユダヤ人もギリシャ人も大ぜいの人々が進行にはいっ

       た。 

 

10)エペソ人への手紙AD61年頃。

11)ピリピ人への手紙AD61年頃。

12)コロサイ人への手紙AD61年頃。

13)ピレモンへの手紙AD61年頃。

   エペソ人への手紙〜ピレモンへの手紙までの四書簡は、パウロがローマの

   獄中で書いたので『獄中書簡』と言われる。

14)使徒の働きAD61年頃。

   初代教会時代の最初の30年間を記している。著者は、ルカの福音書と同じく

    『ルカ』。強調点は、ユダヤ教との分離。  

 

15)1テモテへの手紙AD63年頃。

           使徒16:1ーそれからパウロはデルべに、次いでルステラに行った。

           そこにテモテという弟子がいた。信者であるユダヤ婦人の子

                                で、ギリシャ人を父としていたが、

16)1ペテロの手紙AD64~65年頃。

        ペテロギリシャ名:ペトロス。『石』または『小石』の意。

     シモン…ヘブル名:シメオンの変化形。『聞く』または『傍聴』の意。

     ケパアラム語名:『岩』の意。

 

17)Ⅱテモテへの手紙AD64~67年頃。

         テモテの信仰は、ユダヤ人である母方から継承されたもの。

    Ⅱテモテ1:5ー私はあなたの純粋な信仰を思い起こしています。そのような信

          仰は、最初あなたの祖母ロイスとあなたの母ユニケのうちに

          宿たものですが、それがあなたのうちにも宿っていること

                                 を、私は確信しています。

 

18)テトスへの手紙AD65年頃。

 

19)Ⅱペテロの手紙AD66年頃。

      『離散の民』となったメシアニックジューに、異端への喚起を呼びかけてい

   る。

20)マタイの福音書AD60年代。

   ユダヤ人に『メシア』としてのイエスを紹介。

 

21)ヘブル人への手紙AD65~69年頃。

    ヘブル人へ手紙〜ユダの手紙までは、メシアニックジューに宛てた書簡。

    ヘブル人への手紙の著者は『不明』、パウロだと言われることもあるが断

            言することはできない。

 

22)ユダの手紙AD67~68年頃。

    イエスの『異父兄弟』の一人で、ヤコブの手紙の著者ヤコブとは兄弟、

    マリヤとヨセフの子。イエスの復活前は、不信者だった。

    ユダの手紙には、Ⅱペテロの手紙(将来起こることとして喚起)からの引用

    が13ヶ所(既に起きた事として記述)ある。

 

23)ヨハネ福音書AD85~90年頃。

   世界中の人々へ『神の子』としてのキリストを紹介。

 

24)1ヨハネの手紙AD80年代後半〜90年代前半。

25)Ⅱヨハネの手紙AD80年代後半〜90年代前半。

26)Ⅲヨハネの手紙AD80年代後半〜90年代前半。

 

27)ヨハネの黙示録AD95年頃。

   旧約聖書の預言書に記された預言のうち、550箇所以上を時系列にまとめた

           もの。