サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

『使徒』の資格

最近『使徒職の復活』だとか、クリスチャンのことを指して「小さな使徒として用いてください」と祈る人がいますが、聖書を読むと『使徒』には資格があることがわかります。

 

最初に『使徒』を選ばれたのは、主イエスご自身です。

ルカ6:12~16ーこのころ、イエスは祈るために山に行き、神に祈りながら夜を明かされた。夜明けになって、弟子たちを呼び寄せ、その中から十二人を選び、彼らに使徒という名をつけられた。すなわち、ペテロという名をいただいたシモンとその兄弟アンデヤコブヨハネピリポバルトロマイマタイトマス、アルパヨの子ヤコブと熱心党員と呼ばれるシモ、ヤコブの子ユダとイエスを裏切ったイスカリオテ・ユダである。

 

『使徒』には、二つのカテゴリーがあります。

 

⑴ イエスの公生涯の初め(バプテスマのヨハネによるイエスの洗礼)〜昇天まで、主と共にいた者であること。

⑵ イエスの公生涯を共に過ごしてはいないが、復活の主の目撃者であること。

 

*イエス様が選ばれた十二人の内弟子が、⑴ のカテゴリーに入ります。

使徒1:21~22ーですから、主イエスが私たちといっしょに生活された間、すなわち、ヨハネバプテスマから始まって、私たちを離れて天に上げられた日までの間、いつも私たちと行動を共にした者の中から、だれかひとりが、私たちとともにイエスの復活の証人とならなければなりません。

 

イスカリオテ・ユダは、主の公生涯を共に過ごし『使徒』となるべく選ばれましたが、主を裏切り、十字架の死の前に自殺してしまいましたから『復活の目撃者』にはなれずに脱落してしまいました。

 

主イエスには多くの弟子たちがいましたが、⑴ の条件を満たす候補者は若干名だけでした。

使徒1:23ーそこで、彼らはバルサバと呼ばれ別名をユストというヨセフと、マッテヤとのふたりを立てた。

 

*最終的にイスカリオテ・ユダを除く十一人とマッテヤが、『十二使徒』となりユダヤ人へ伝道するようになりました。

 

⑵ のカテゴリーの前提条件を満たしたのは、パウロバルナバ、主の兄弟ヤコブでした。

1コリント9:1~2ー私には自由がないのでしょうか。私は使徒ではないのでしょうか。私は私たちの主イエスを見たのではないでしょうか。あなたがたは、主にあって私の働きの実ではありませんか。たとい私がほかの人々に対しては使徒でなくても、少なくともあなたがたに対しては使徒です。あなたがたは、主にあって、私の働きの実ではありませんか。

 

1コリント9:5ー私たちには、ほかの使徒、主の兄弟たち、ケパなどと違って、信者である妻を連れて歩く権利がないのでしょうか。

 

ガラテヤ1:19ーしかし、主の兄弟ヤコブは別として、ほかの使徒にはだれにも会いませんでした。

 

パウロは、異邦人伝道のための『使徒』となりました。

ガラテヤ2:8ーペテロにみわざをなして、割礼を受けた者への使徒となさった方が、私にもみわざをなして、異邦人への使徒としてくださったのです。

 

*使徒は『十二使徒』だけではありません。しかし、『使徒』になれるのは1世紀の弟子でなければ、前提条件を満たすことはできないのです。つまり、21世紀の現在まで復活の主の目撃者が生き残ってはいないので、現存する『使徒』はいないということになります。

 

f:id:bluemome:20170301083957j:plain

 

 

広告を非表示にする