サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

ヘブル人への手紙 2:5~9 〜御子の人間性〜

著者はヘブル人への手紙1章で、御子は『神』であり『御使いたちよりまさるお方』であることを記しました。

ヘブル1:14では、御使いたちは『支配者』ではなく、『信者に仕える者たち』であることが教えられました。

ヘブル1:14ー御使いはみな、使える霊であって、救いの相続者となる人々に仕えるために遣わされたのではありませんか。

 

ここでは、御使いたちよりもまさる神の御子が、御使いたちよりも『低い』人間として来てくださったことを述べています。 

 

ヘブル2:5ー神は、私たちがいま話している後の世を、御使いたちに従わせることはなさらなかったのです。

 

*後の世ギリシャ語で『世』は、『住まわれる世界』の意。

一般的にユダヤ教のラビたちが、『メシア的王国(千年王国)』を表現するのに用いたことば。

 

『メシア的王国(千年王国)』は、御使いたちに統治されるものではありません。

 

 

ヘブル2:6ーむしろ、ある個所で、ある人がこうあかししています。

「人間が何者だというので、

これをみこころに留められるのでしょう。

人の子が何者だというので、

これを顧みられるのでしょう。

 

詩篇8:4ー人とは何者なのでしょう。

あなたがこれをみこころに留められるとは。

人の子とは何者なのでしょう。

あなたがこれを顧みられるとは。

 

 人間は御使いたちよりもいくらか劣る者として造られました。(神に近ければ近いほど、位は上になります。『神 > ケルビム > セラフィム > 天使長 > 一般の天使 > 人間』の順。)

osusowake.hatenablog.com

 

神はアダムを創造されたとき、アダムに『地の支配権』を与えられました。

しかし、人間が罪を犯したとき(神の禁止命令に背いて、善悪の知識の木の実を食べた時)その支配権を失い、サタンがそれを奪いました。そのため、現在の地は堕天使たちによって支配されています。『この世の君』であるサタンと、サタンに仕える悪霊によって支配されているのです。

 

エペソ2:1~2ーあなたがたは自分の罪過と罪との中に死んでいた者であって、

そのころは、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者として今も不従順の子らの中に働いている霊に従って、歩んでいました。

 

エペソ6:12ー私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。

 

堕天使たちが地を支配するのは、神がその権限を彼らに与えたからではなく、エデンの園で人間が堕落した時にサタンがそれを奪ったからです。

 

アダムの管理下に置かれた土地は、呪われたものとなりいばらやアザミを生やすようになったのです。しかし、キリストは私たちの罪のために十字架にかかってくださった時、その頭に『いばらの冠』をかぶられ、アダムの罪の結果をも引き受けてくださったのです。

 

創世記3:18ー土地は、あなたのために、

いばらとあざみを生えさせ、

あなたは、野の草を食べなければならない。

 

マルコ15:17ーそしてイエスに紫の衣を着せ、いばらの冠を編んでかぶらせ、

 

 

ヘブル2:7ーあなたは、彼を、

御使いよりも、しばらくの間、低いものとし、

彼に栄光と誉れの冠を与え、

 

詩篇8:5ーあなたは、人を、神よりいくらか劣るものとし、

これに栄光と誉れの冠をかぶらせました。

 

神ははじめ、人間を御使いたちよりいくらか劣るものとして造られ、人間に『栄光と誉れの冠』をかぶらせようとされました。

これはまだ、人類の歴史上成就していません。

osusowake.hatenablog.com

 

ヘブル2:8ー万物をその足の下に従わせられました。」

万物を彼に従わせたとき、神は、彼に従わないものを何一つ残されなかったのです。それなのに、今でもなお、私たちはすべてのものが人間に従わせられているのを見てはいません。

 

詩篇8:6ーあなたの御手の多くのわざを人に治めさせ、

万物を彼の足の下に置かれました。 

 

人間は罪のゆえに堕落した結果、地の支配権を二度と回復することはできません。

 

 

ヘブル2:9ーただ、御使いよりも、しばらくの間、低くされた方であるイエスのことは見ています。イエスは、死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠をお受けになりました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。

 

その支配権を人間のために回復させてくださったのが、神の御子イエスです。

 

osusowake.hatenablog.com

 

御子イエスは、メシア的王国/千年王国の地上において、人の支配権を行使されます。

神が『第一のアダム』に対して持っておられた当初の目的は、『最後のアダム』であるイエスによって実現するのです。

 

土地のちりから造られた最初の人、アダムはその鼻に『いのちの息(御霊)』を入れられ、初めて『生きた者』となりました。

キリスト・イエスは、聖霊により処女マリヤから誕生したので、生まれながらに霊的にも『生きた者』としてこの地上に来られたのです。

これが『第一のアダム』と『最後のアダム』と言われる理由です。

osusowake.hatenablog.com

 

9節で著者は、五つのことを教えています。

①御子の辱めの受け取り手は、人間だということ。

②御子の辱めとは、『イエスが御使いたちよりも低くされた』ということ。

御子は神であるため、御使いに勝る存在ですが、『人間となられたときに、御使いよりも低くされた』ということ。

③御子の辱めの目的は、『すべての人のために死を味わうこと』でした。

 *味わうギリシャ語は『食べる』という意味ではなく、『経験する』という意味。

④御子が辱めを受けた動機は、神の恵みです。

⑤御子の辱めは、御子が昇天し、高められたときに『栄光と誉れの冠』をかぶる結果となりました。

 

御子はメシア的王国の終わりにサタンを倒し、最後の的である『死』をも滅ぼされます。そして、万物をその足の下に従わせられます。

 

1コリント15:25~27ーキリストの支配は、すべての敵をその足の下に置くまで、と定められているからです。

最後の敵である死も滅ぼされます。

「彼は万物をその足の下に従わせた。」からです。ところで、万物が従わせられた、と言うとき、万物を従わせられたその方がそれに含められていないことは明らかです。

 

千年王国の間はまだ、肉体と原罪を持つ者が存在しているため、肉体の死を迎える人々がいます。千年王国の終わりにサタンを倒した時に、死も滅びます。

 

罪を犯した人にはできないことでも、罪のない人間として来られた御子イエスが、すべてを成就してくださり/くださるのです。

ルカ1:37ー神にとって不可能なことは一つもありません。

 

あなたはどっちの『アダム』につながっていますか?

…罪を犯した『第一のアダム』ですか?

それとも、罪のない『最後のアダム』ですか?

 

f:id:bluemome:20160219121307j:plain