サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

2,018年 〜イスラエル・ヨルダン聖地旅行①〜

2月5日(月) 13:10に成田を発つはずが、モスクワの悪天候のため2時間遅れで出発。経由地のモスクワからの便には間に合わず、モスクワを真夜中に発ってイスラエル、テルアビブには4:45am着。そこからエルサレムにバスで移動し、仮眠することなく徒歩にて観光。

…自分が『異邦人』だと実感する長〜〜〜〜〜〜〜い一日。


泊まるはずのホテルは免責。返金無し。

航空会社からは一人¥500の成田でのリフレッシュメント券のみ。


一緒にツアーに参加した友人から「すべては神の御手の中。大丈夫!」との励ましの言葉が何度となく耳に入り、ともすれば愚痴りそうになる私の口のブレーキとなる。

持つべき者は『信仰の友』だね。

 

2月6日(火)
エルサレム(神の平和、平和の町の意)
神殿の丘(モリヤの山)アブラハムがイサクを捧げた場所であり、ソロモンの神殿、第二神殿(後に、ヘロデ大王が大改修工事をしたため『ヘロデの神殿』と呼ばれた)が
あった場所。

f:id:bluemome:20180206160207j:plain 


岩のドーム…東エルサレム(旧市街)にある『カアバ』『預言者のモスク』に次ぐイスラム教の第三の聖地。現在はイスラム教徒の管理下にある。7世紀に完成した神聖な岩を覆った記念堂であり、イスラム教の礼拝所としてのモスクではない。
建設に際して刻まれた総延長240mに及ぶ碑文では、イエスの神性は否定するものの、預言者であることは認めている。

建物は、イスラム教の預言者ムハンマドが夜の旅(イスラー)に旅だったとされる『聖なる岩(ユダヤ教キリスト教では、アブラハムがイサクを捧げようとした場所とされるモリヤの山)を取り囲むように建設された。

ちなみに、ムハンマドアブラハムとエジプト人女奴隷ハガルとの間に生まれたイシュマエルの子孫だと言っている。

f:id:bluemome:20180206161800j:plain


アル アクサ…元は、7世紀にキリスト教の教会として建てられ、十字軍時代に横のアーチが加えられ拡張された。

空から見ると『十字架』の形をしている。


岩のドームの正面にある。

f:id:bluemome:20180206160426j:plain


 

嘆きの壁…夜露に濡れ『泣いているように見える』ために命名された!?
第二神殿の『西壁』の外側の一部だけは『嘆きの壁』として、ユダヤ教徒の管理下にある。
東側が入り口だった神殿の裏側にあたり、建設時にユダヤ人の手で造られた。金で覆われなかったため、AD70年ローマ帝国による神殿崩壊の時に、崩されることなく残された『至聖所』に一番近い壁。

f:id:bluemome:20180206155923j:plain

f:id:bluemome:20180206155947j:plain 

マタイ24:1~2ーイエスが宮を出て行かれるとき、弟子たちが近寄って来て、イエスに宮の建物をさし示した。
そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「このすべての物に目をみはっているのでしょう。まことに、あなたがたに告げます。ここでは、石が崩されずに、積まれたまま残ることは決してありません。」

 

★オリーブ山エリア
万国民教会…4世紀に、古代ローマ皇帝テオドシウス1世が建てた教会に起源する。
隣接するゲッセマネの園においてイエスが血の汗を流して祈ったとされることから『苦悶の教会』とも呼ばれる。現在の教会は、1,925年に世界12ヵ国からのカトリック教徒たちの献金によって再建された。

 

f:id:bluemome:20180206232140j:plain

 

ゲッセマネの園アラム語で『オリーブの油搾り』『オリーブの酒舟』の意。
エスが『最後の過越の食事』を取った後、祈るために出かけて行った場所であり、
エスを裏切ったイスカリオテ・ユダが先導する群衆たちによって捕らえられた場所。


マタイ26:47~50ーイエスがまだ話しておられるうちに、見よ、十二弟子のひとりであるユダがやって来た。
剣や棒を手にした大ぜいの群衆もいっしょであった。群衆はみな、祭司長、民の長老た
ちから差し向けられたものであった。
エスを裏切る者は、彼らと合図を決めて、「私が口づけするのが、その人だ。その人
をつかまえるのだ。」と言っておいた。
それで、彼はすぐにイエスに近づき、「先生。お元気で。」と言って、口づけした。
エスは彼に、「友よ。何のために来たのですか。」と言われた。そのとき、群衆が来
て、イエスに手をかけて捕えた。

 

主の涙の教会…『主の泣かれた教会』とも呼ばれ、オリーブ山中腹にある1,955年に建てられた教会。
エスエルサレムを見渡し、その滅亡を預言して涙を流されたことから、涙の粒を形
どったドームがある。AD500年頃のビザンチン時代のぶどうやざくろの絵のモザイク床
が見事。

 f:id:bluemome:20180206225036j:plain


f:id:bluemome:20180206225137j:plain

ルカ19:41~44エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、
言われた。「おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。
しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。
やがておまえの敵が、おまえに対して塁を築き、回りを取り巻き、四方から攻め寄せ、
そしておまえとその中の子どもたちを地にたたきつけ、おまえの中で、一つの石もほかの石の上に積まれたままで残されない日が、やって来る。それはおまえが、神の訪れの時を知らなかったからだ。」

 

★シオンの丘エリア
ダビデ王の墓…エッサイの八男ダビデは羊飼いだったときに、祭司サムエルから油そそぎを受け、初代のサウル王(ベニヤミン族)がペリシテ人との戦いで戦死後、王として即位したー在位BC1,000~BC961年。ダビデが亡くなったのは、五旬節(七週の祭り)の頃と言われている。


1列王記2:10~11ーこうして、ダビデは彼の先祖たちとともに眠り、ダビデの町に葬られた。
ダビデイスラエルの王であった期間は四十年であった。ヘブロンで七年治め、エル
サレムで三十三治めた。

f:id:bluemome:20180129095752j:plain

 

マリア永眠教会…1,900~1,910年に建造された、ロマネスク様式のエルサレム最大の教会で、イエスの母マリアを祀っている。地下に桜の木と象牙で作られた永眠するマリア像が横たわっている。

カトリックの信仰には、マリアの『被昇天記念日=8/15』があり、マリアの永眠と矛盾するのではないかと…どのように整合性を保つのでしょうね?

f:id:bluemome:20180207164534j:plain

 

鶏鳴教会…ペテロが三度主を知らないと言ったことを悔い改めたことを記念して建てられた教会。
イスカリオテ・ユダの裏切りによって逮捕されたイエスが、夜を明かした牢獄があった場所とされる。名前の由来は、最後の過越の食事の席でペテロに対し、「今夜、あなたは鶏が二度鳴く前に、三度わたしを知らないと言う」とイエスの預言がここで成就したことによる。

f:id:bluemome:20180206211743j:plain 

マルコ15:72ーするとすぐに、鶏が、二度目に鳴いた。そこでペテロは、「鶏が二度鳴く前に、あなたは、わたしを知らないと三度言います。」というイエスのおことばを思い出した。それに思い当たったとき、彼は泣き出した。

 

最後の過越の食事の部屋があった場所『最後の晩餐』は、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品名。
聖書は、常に『過越の食事』と明記している。

マタイ26:19ーそこで、弟子たちはイエスに言いつけられたとおりにして、過越の食事の用意をした。

 

マルコ14:12~14ー種なしパンの祝いの第一日、すなわち、過越の羊をほふる日に、弟子たちはイエスに言った。「過越の食事をなさるのに、私たちは、どこへ行って用意をしましょうか。」
そこで、イエスは、弟子のうちふたりを送って、こう言われた。「都にはいりなさい。
そうすれば、水がめを運んでいる男に会うから、その人について行きなさい。
そして、その人がはいって行く家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする、わたしの客間はどこか、と先生が言っておられる。』と言いなさい。

 

ルカ22:7~13ーさて、過越の羊がほふられる、種なしパンの日が来た。
エスは、こう言ってペテロとヨハネを遣わされた。「わたしたちの過越の食事ができるように、準備に行きなさい。」
彼らはイエスに言った。「どこに準備しましょうか。」
エスは言われた。「町にはいると、水がめを運んでいる男に会うから、その人がはいる家にまでついて行きなさい。
そして、その家の主人に、『弟子たちといっしょに過越の食事をする客間はどこか、と先生があなたに言っておられる。』と言いなさい。
すると、主人は、席が整っている二階の大広間を見せてくれます。そこで準備をしなさ
い。」
彼らが出かけて見ると、イエスの言われたとおりであった。それで、彼らは過越の食事の用意をした。

 

ヨハネ13:1~2ーさて、過越の祭りの前に、この世を去って父のみもとに行くべき自分の時が来たことを知られたので、世にいる自分のものを愛されたイエスは、その愛を残るところなく示された。
夕食の間のことであった。悪魔はすでにシモンの子イスカリオテ・ユダの心に、イエスを売ろうとする思いを入れていたが、