読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

聖書が教える『地域教会』 〜マタイ16:16~18〜

マタイ16:16シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」

マタイ16:17するとイエスは、彼に答えて言われた、「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。

マタイ16:18ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。

 

シモン・ペテロの信仰告白『イエスは、生ける神の御子キリストです』と岩(土台)として、イエスは「教会を建てます。」と言われました。そしてそのみことば通り、ペンテコステに『教会』は誕生しました。

 

最初は『家の教会』ー現在のスモールグループ、もしくはセルと呼ばれる小さな単位でしたが、同じ地域にあるいくつかの家の教会が集まって『地域教会』となりました。ですからどんなに小さな『地域教会』であっても、長老と呼ばれる監督職は複数人いました。

 

聖書がいう『教会』には、二種類あるということを私たちは知らなくてはなりません。

人々が実際に集まり、礼拝を捧げる建物として の『地域教会』と、イエスをキリストと信じる真の信者の集合体としての『エクレシア』。キリストの花嫁として携挙の恵みに与るのは『エクレシア』の方に属する者です。地域教会に集っていても、信仰が無い人、信仰の土台がキリストではなく、指導者や組織にある人は、残念ながら地上に残され大患難時代を通過させられます。

二つの教会 〜『普遍的教会』と『地域教会』〜 - サザエのお裾分け

 

では、聖書が伝える『地域教会』とは、どのようなものなのでしょうか?

 

【聖書的統治形態】

①階層的権威、教団教派的組織は存在しません。
②ひとりの指導者が、権威を持つのでもなく、会衆に権威があるのでもありません。
③長老(牧師)たちと会衆の関係は、『良い牧者と羊』の関係です。

ヨハネ10:11~14ーわたしは、良い牧者です。良い牧者は羊のためにいのちを捨てます。 牧者でなく、また、羊の所有者でない雇い人は、狼が来るのを見ると、羊を置き去りにして、逃げて行きます。それで、狼は羊を奪い、また散らすのです。 それは、彼が雇い人であって、羊のことを心にかけていないからです。 わたしは良い牧者です。わたしはわたしのものを知っています。また、わたしのものは、わたしを知っています。


ユダヤ教ラビは、律法的に人々を教え、従わない者を裁きます。

*牧者は羊を守り、養い、導く者です。

 

詩篇23:1~3ー主は私の羊飼い。 私は、乏しいことがありません。 主は私を緑の牧場に伏させ、 いこいの水のほとりに伴われます。 主は私のたましいを生き返らせ、 御名のために、私を義の道に導かれます。

 

使徒20:17パウロは、ミレトからエペソに使いを送って、教会の長老たちを呼んだ。

 

ピリピ1:1ーキリスト・イエスのしもべであるパウロとテモテから、ピリピにいるキリスト・イエスにあるすべての聖徒たち、また監督と執事たちへ。

*監督(長老)と執事…二種類の地域教会の指導者。

 

1テモテ3:2~4監督はこういう人でなければなりません。すなわち、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、自分を制し、慎み深く、品位があり、よくもてなし、教える能力があり、酒飲みでなく、暴力をふるわず、温和で、争わず、金銭に無欲で、自分の家庭をよく治め、十分な威厳をもって子どもを従わせている人です。

 

テトス1:5b~9ーまた、私が指図したように、町ごとに長老たちを任命するためでした。 それには、その人が、非難されるところがなく、ひとりの妻の夫であり、その子どもは不品行を責められたり、反抗的であったりしない信者であることが条件です。 監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、 かえって、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心があり、 教えにかなった信頼すべきみことばを、しっかりと守っていなければなりません。それは健全な教えをもって励ましたり、反対する人たちを正したりすることができるためです。

 

【監督、牧師の資格】
*牧師の資格の一つは『ひとりの妻の夫』であること。既婚者。独身者はNG

*聖書には、女性牧師は登場していない。

*牧者として羊を守り、導き、みことばを教える教師としての賜物も必要

*神からの賜物は、教会内外で行使されるべきもの。

 

1テモテ3:6~7また、信者になったばかりの人であってはいけません。高慢になって、悪魔と同じさばきを受けることにならないためです。
また、教会外の人々にも評判の良い人でなければいけません。そしりを受け、悪魔のわなに陥らないためです。

*信者になったばかりの人を牧師に任命してはならない。

 

1テモテ5:17よく指導の任に当たっている長老は、二重に尊敬を受けるにふさわしいとしなさい。みことばと教えのためにほねおっている長老は特にそうです。

*長老の三つの役割
①長老として統治する
②監督として監督する
③牧師として、羊を牧し、養う

 

テトス1:7~9監督は神の家の管理者として、非難されるところのない者であるべきです。わがままでなく、短気でなく、酒飲みでなく、けんか好きでなく、不正な利を求めず、
かえって、旅人をよくもてなし、善を愛し、慎み深く、正しく、敬虔で、自制心があり、教えにかなった信頼すべきことばを、しっかりと守っていなければなりません。それは健全な教えをもって励ましたり、反対する人たちを正したりすることができるためです。

 

*長老の資格に欠けのある人を選ぶと、必要のない問題が発生することになります。

教会の一番の問題は、問題が起きた時、解決する力が無いことです。

 

長老(elder)は、老若男女の信者を牧することになるため、
①ある程度 尊敬される年齢であり、
②社会で働いた経験があることが望ましい。
③女性信者との関係を守るため、独身者は避ける。
④妻子がいて、家庭をよく治めている人は、指導力、忍耐力が養われている。

 

現在の教会は、様々な運営形態があり、教団教派により異なります。
しかし私たちが模範にすべきは、人々が大勢集まり、一見成功しているような教会ではなく、新約聖書に示された『教会運営の形態』です。

既存の教会の運営形態が、全て聖書的であるわけではありません。それらは、教会史の中で発展してきたものだからです。


【国家教会】…国家の元首が、教会の首長となる形態。
*教会は、その国の中にあって『しもべ』のような存在であるべき。従って、国の上に立つべきではなく、教会と国家は分離すべきものです。
*問題点は、国家の元首が必ずしも信仰者ではないため、教会運営の形態としてはふさわしくないものです。

 

【監督派的教会】…主教による統治形態であり、主教だけが按手礼を行なう。

使徒の資格は、

①復活の主に出会い、

②神から直接啓示を受けた者であり、

③使徒職の継承はあり得ない。


*聖書は『万民祭司説』を教えており、聖職者と一般信徒の区別はないため、階層的組織は聖書的ではありません。

 

【会衆派的教会】…教会運営における自治権、民主主義。万民祭司と言っても、霊的賜物が異なるため、全ての人が同じ働きはしません。会衆の中のリーダーが日常の運営を行なう。
*この形態は、新約聖書の中にはありません!

 

【長老派的教会】…教会員により長老たちが選ばれ、みことばを教える牧師(長老)は、他の牧師たちにより任命される(教会の長)。役員会(教会の管理的役割)は、会衆により任命されます。


新約聖書の中には、教派、中会、教会会議、総会の教えはありません。その教会に与えられている長老会の下で独立存在するものです。
*長老(牧師)たちと執事たちの存在は、新約聖書の教えと合致する。
*みことばを教える長老(牧師)が、ひとりというのは聖書的ではありません❗️

 

【小さな組織】…少人数の牧師(長老)による教会運営。

キリストの主権、教会員の霊的賜物の行使の強調。教会としての意思決定に会衆が関わることはないが、普通 牧師(教師)は複数存在します。


何もかも牧師ひとりで決定する場合は『危険』です❗️
*長老(牧師)がひとりの場合は、『カルト的になる』危険性が高くなります。

 

管理的役割、みことばを教える長老は、共に複数いる必要があります。

*複数の長老(同じ立場)がいれば、チェック機能が働くからです。

ガラテヤ5:1キリストは、自由をを得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。

 

監督職である牧師(長老)が、陥りやすい罪は三つあると言われています。

①金銭…1/10献金を強制する場合は、注意が必要です。献金は、強制されて捧げるものではないからです。

律法と献金 - サザエのお裾分け

 

また、牧師の任務はみことばのための働きであり、教会雑務をして牧師を支えるために執事たちの責務があります。

使徒6:1~7そのころ、弟子たちがふえるにつれて、ギリシヤ語を使うユダヤ人たちが、ヘブル語を使うユダヤ人たちに対して苦情を申し立てた。彼らのうちのやもめたちが、毎日の配給でなおざりにされていたからである。

そこで、十二使徒は弟子たち全員を呼び集めてこう言った。「私たちが神のことばをあと回しにして、食卓のことに仕えるのはよくありません。

そこで、兄弟たち。あなたがたの中から、御霊と知恵とに満ちた、評判の良い人たち七人を選びなさい。私たちはその人たちをこの仕事に当たらせることにします。

そして、私たちは、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。」

この提案は全員の承認するところとなり、彼らは、信仰と聖霊とに満ちた人ステパノ、およびピリポ、プロコロ、ニカノル、テモン、パルメナ、アンテオケの改宗者ニコラオを選び、

この人たちを使徒たちの前に立たせて、そこで使徒たちは祈って、手を彼らの上に置いた。

こうして神のことばは、ますます広まって行き、エルサレムで、弟子の数が非常にふえて行った。そして、多くの祭司たちが次々に信仰に入った。

 

*教会会計は、信者の感謝と祈りによる神様に捧げられた神様のお金ですから、その取り扱いには細心の注意が必要です。会計の任に就く者は、不正を避けるために必ず複数人で行うものであり、会計監査人も必要です。月々の収支報告は、会計担当者と監査人の認印のあるものをきちんと公開すべきです。

 

②権力『牧師に従え』の一点張りの指導者には要注意です。

マタイ7:15~17にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。

あなたがたは実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。

同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。

 

*講壇の上で語られるのと同じように、行ないやそれ以外のみことばの適用が聖書的かどうか、常に私たち信徒も確認することが必要です。

使徒17:11b非常に熱心にみことばを聞き、はたしてそのとおりかどうかと毎日聖書を調べた。

 

③女性関係…聖書が言うとおり初めから『既婚者』を任命すれば、ある程度避けられる問題です。

1コリント7:2しかし、不品行を避けるため、男はそれぞれ自分の妻を持ち、女もそれぞれ自分の夫を持ちなさい。

 

過去、キリスト教会の牧師たちの不祥事の殆どは、残念ながらこれらに該当するものがほとんどです。ですから、監督の職に就く者だけでなく、教会員ひとりひとりがこれらの罪の誘惑から守られるように、指導者のために祈り支える必要があるのです。

1テモテ2:1そこで、まず初めに、このことを勧めます。すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。

 

では『罪』の問題に対し、教会はどのように対処すべきでしょうか?

1コリント5:11私が書いたほんとうの意味は、もし、兄弟と呼ばれる者で、しかも不品行な者、貪欲な者、偶像を礼拝する者、人をそしる者、酒に酔う者、略奪する者がいたなら、そのような者とはつきあってはいけない、いっしょに食事をしてもいけない、ということです。

 

【信徒の場合】…段階を踏む必要があります。

①二人だけのところで、柔和な心で責めること。

マタイ18:15また、もし、あなたの兄弟が罪を犯したなら、行って、ふたりだけのところで責めなさい。もし聞き入れたら、あなたは兄弟を得たのです。

 

ガラテヤ6:1兄弟たちよ。もしだれかがあやまちに陥ったなら、御霊の人であるあなたがたは、柔和な心でその人を正してあげなさい。また、自分自身も誘惑に陥らないように気をつけなさい。

 

②二人か三人の証人の口によって、事実を確認すること。

マタイ18:16もし聞き入れないなら、ほかにひとりかふたりをいっしょに連れて行きなさい。ふたりか三人の証人の口によって、すべての事実が確認されるためです。

 

③教会に告げ、教会として悔い改めをせまること。 

マタイ18:17aそれでもなお、言うことを聞き入れようとしないなら、教会に告げなさい。 

 

④教会の言うことさえも聞かない場合、初めて『除名』という処分となります。

マタイ18:17b教会の言うことさえも聞こうとしないなら、彼を*異邦人か取税人のように扱いなさい。*除名処分。

 

【監督(牧師・長老)の場合】…ふたりか三人の証人がいたら訴えは受理され、段階は踏まずにすべての人の前で責められることになります。

 

1テモテ5:19~20長老に対する訴えは、ふたりか三人の証人がなければ、受理してはいけません。

罪を犯している者をすべての人の前で責めなさい。ほかの人をも恐れさせるためです。

 

*教会の指導者たちは、格別厳しい裁きを受けることになるからです。

ヤコブ3:1私の兄弟たち。多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。 

 

世界を裁くことのできるお方を畏れ、主の御前に喜ばれる教会の歩みができますように。