読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

不正な管理人のたとえ 〜ルカ16:1~13〜

聖書には難解箇所がいくつかあります。ルカの福音書16章1〜13節もそのうちの一つでしょう。『不正な管理人の抜け目のないやり方を褒めた』という意味が、どうしてもひっかかる、解せない、といういう方は多いと思います。

 

その理由の一つとして、ルカ16:8の新改訳聖書の訳出に問題があること、また『ディスペンセーション』の意味を理解していないことがあると思います。

『ディスペンセーション』とは『家の管理』という意味で、私たちクリスチャンは『神の家の管理人』となったのです。 また、ルカ15章でイエスは、まだキリストの弟子となっていない取税人や罪人たちに向かって、①1;99の羊、②1:10の銀貨、③1:2の息子のたとえ話をしています。その流れの中で、16章は弟子たちに向かって『すべき事』をたとえで語られています。 それらを踏まえて、読み進めていきましょう。

 

ルカ16:1イエスは、弟子たちにも、こういう話をされた。「ある金持ちにひとりの管理人がいた。この管理人が主人の財産を乱費している、という訴えが出された。

ある金持ちのひとりの管理人は、『主人の財産を乱費する』という罪を犯しました。

*ある金持ちユダヤ人たちは『譬え話』に個人名は使いませんが、イエス様が譬え話をなさる時は、御国のことをわかりやすく教えられる時に用いられますから、そこには『真理』があることを知っておくべきでしょう。

 

ヨハネ3:12~13あなたがたは、わたしが地上のことを話したとき、信じないくらいなら、天上のことを話したとて、どうして信じるでしょう。

だれも天に上った者はいません。しかし、天から下った者はいます。すなわち人の子です。

*わたし新改訳聖書では、神(御父、神子)のことは、ひらがなで『わたし』、人間のことを『私』と漢字で表記して区別しています。

*人の子福音書では『イエス』を指し、エゼキエル書では『エゼキエル自身』を指す言葉。

 

マタイ13:13わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。

*群衆はその目でイエスを見ていても、霊的にイエスを『神の子』として見ることはなく、イエスの話を耳で聞いてはいても、霊的に『神のことば』として聞く(理解する)ことはなく、イエスを『メシア』だと悟ることもしない、の意。

 

マルコ4:34たとえによらないで話されることはなかった。ただ、ご自分の弟子たちにだけは、すべてのことを解き明かされた。

*イエスのことを理解できな群衆とは別に、弟子たちにはたとえ話の意味を解き明かされました。それは後に彼らが、福音伝道へと遣わされるためでした。

 

ルカ16:2主人は、彼を呼んで言った。『おまえについてこんなことを聞いたが、何ということをしてくれたのだ。もう管理を任せておくことはできないから、会計の報告を出しなさい。』

*主人は、管理人がどのくらい財産を乱費したのかを知ろうと、会計報告書を出すように命じました。

 

ルカ16:3管理人は心の中で言った。『主人にこの管理の仕事を取り上げられるが、さてどうしよう。土を掘るには力がないし、物ごいをするのは恥ずかしいし。

*管理人は、職を失うと心配になりました。他に出来る仕事はないと思っています。

 

ルカ16:4ああ、わかった。こうしよう。こうしておけば、いつ管理の仕事をやめさせられても、人がその家に私を迎えてくれるだろう。』

*そこで管理人は、いつクビになってもいいように、職を失った時のためにある準備をすることにしました。

 

ルカ16:5そこで彼は、主人の債務者たちをひとりひとり呼んで、まず最初の者に、『私の主人に、いくら借りがありますか』と言うと、

*管理人は、主人の債務者たちに恩を売ろうと思ったのです。

 

ルカ16:6その人は、『油百バテ』と言った。すると彼は、『さあ、あなたの証文だ。すぐにすわって五十と書きなさい』と言った。

*管理人ですから、当然主人の債務者たちの証文も管理していましたから、少しずつ債務者たちの負債を軽くすることにしたのです。

 

ルカ16:7それから、別の人に、『さて、あなたは、いくら借りがありますか』と言うと、『小麦百コル』と言った。彼は、『さあ、あなたの証文だ。八十と書きなさい』と言った。

複数の債務者に恩を売っておけば、職を失ったとき、債務者たちが恩返しをしてくれるだろうと考えたわけです。

 

ルカ16:8この世の子らは、自分たちの世のことについては、光の子らよりも抜けめがないものなので、主人は、不正な管理人がこうも抜けめなくやったのをほめた。

*問題はこの新改訳聖書の訳出です!

新改訳聖書では『主人が、不正な管理人をほめた』ように勘違いされがちです。

この訳出の故に、意味をつかむのを非常に難しくしているのです。ここは、新共同訳と口語訳聖書が原文により忠実に訳出しています。

 

新共同訳聖書…『主人はこの不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。この世の子らは、自分の仲間に対して、光の子らよりも賢くふるまっている。

*主人がほめたのは『不正な管理人』本人や『不正』そのものではなく、『抜け目のないやり方』です。

 

口語訳聖書…『ところが主人は、この不正な家令の利口なやり方をほめた。この世の子らはその時代に対しては、光の子らよりも利口である。

*この世の子ら…未信者たち。

*その時代(自分の仲間たち)…地上のこと、この世のこと、未信者同士の世界のこと。

*光の子ら…信者(クリスチャン)たち。

 

ルカ16:9そこで、わたしはあなたがたに言いますが、不正の富で、自分のためにをつくりなさい。そうしておけば、富がなくなったとき、彼らはあなたがたを、永遠の住まいに迎えるのです。

*不正の富…『この世の富(財産)』のこと。

*友ギリシャ語で『友』という言葉はいくつかありますが、ここでは『フィロス』という単語が使われています。

この世の財産を使って、『信仰の友』を作りなさい、の意。

*永遠の住まいに迎えるこの世の肉体のいのちを終えた時、あなたが伝道した結果信仰を持った『友』が、天の御国で迎えてくれる、の意。

 

同じ『フィロス』が使われている聖書箇所は、

ヨハネ15:15わたしはもはや、あなたがたをしもべとは呼びません。しもべは主人のすることをしらないからです。わたしはあなたがたをと呼びました。なぜなら父から聞いたことをみな、あなたがたに知らせたからです。

*友ギリシャ語:フィロス。信仰の友、の意。

 

『ディスペンセーション=家の管理』…私たちは『神の家の管理人』です。私たちが今、所有している物(銀行の預貯金も、家も、洋服も、持ち物すべて)は、神様から預かって使用している物なのです。すべては主人であるキリストの物であって、私たちがこの世に

生きている間の短期間、管理を任されているだけなのです。いつ何時、主人が取り上げるかわかりません。何事も主人の御心ひとつだということを、忘れてはならないのです。

 

主人の財産であるこの世の持ち物、ツールすべてを用いて、『信仰の友』をつくるために用いるべきだということです。

『信仰の友』をつくるための伝道にはお金がかかります。関係づくりに食事や映画に行くこともあるでしょう。カフェでコーヒーを飲みながら、福音を語ることもあるでしょう。

その人の自宅まで足を運び、みことばの学びをするには、交通費、手土産、資料の準備等、お金も時間もかかります。それらをすべて『自分の物』と考えれば、たましいの刈り取りという見返りがなければ虚しく感じます。また、無駄だと感じたり、勿体無いと惜しむ心も時には出てくるでしょう。

 

すべては神様のもので、今 自分はその管理を任されているだけだと考えるなら、主人の目的のために惜しげなく用いることが可能になります。

しかし、どれほどのお金と時間と努力をしても、信じない人かもしれません。でも使った金額、時間、労力は決して無駄ではなく、そのひとつひとつが『天に宝を積む』ことになるのです。

 

マタイ6:20~21自分の宝は、天にたくわえなさい。そこでは、虫もさびもつかず、盗人が穴をあけて盗むこともありません。

あなたの宝のあるところに、あなたの心もあるからです。

 

ルカ16:10小さい事に忠実な人は、大きいことにも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です。

*小さい事…この世のこと。

*大きい事…御国(千年王国)のこと。

*忠実キリストの命令(みことば)に聞き従うこと。

 

ルカ16:11ですから、あなたがたが不正の富に忠実でなかったら、だれがあなたがたに、まことの富を任せるでしょう。

*不正の富に忠実…この世の財産管理を、キリストのみことばに聞き従って行なうこと。

 

ルカ16:12また、あなたがたが他人のものに忠実でなかったら、だれがあなたがたに、あなたがたのものを持たせるでしょう。

*他人のもの…神様のもの。

*あなたがたのもの信者は、やがて御国の時代(千年王国)の民として、その管理を任されることになるのです。

 

ルカ16:13しもべは、ふたりの主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛したり、または一方を重んじて他方を軽んじたりするからです。あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません。」

*キリストを信じたと言いながら、この世の財産を自分のためにだけ、好き勝手に使うことは、本当の意味でキリストの弟子になりきることはできません。

本当にキリストを信じ、従う決心をした者だけが、『神の家の良い管理人』となれるのです。

 

あなたは『良い管理人』ですか?

天に宝を積む生活を送ることができますように。

 

マタイ9:37~38そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。

だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」

f:id:bluemome:20160330165238j:plain