サザエのお裾分け

聖書を字義通り&文脈に沿って学び、理解したことの中からのお裾分け。内容は鵜呑みにせず、必ずご自分で聖書を開いて確認してくださいね。聖書理解の助けになれば幸いです。† 栄光在主 †

ヘブル人への手紙 3:1~6 〜モーセよりも優れた御子〜

ユダヤ教の教えには、三つの柱となる『御使い・モーセ・祭儀制度』があります。

著者は、これらの三本柱と御子を対比させ、ユダヤ教に回帰しようかと迷っていたヘブル書の受取人たちに、御子の方がより優れていることを立証して、信仰に留まるように説得しています。

 

ヘブル3:1~6では、二つ目の『モーセ』と御子を対比させています。この背景となるのは、旧約聖書民数記12:5~8です。

 

民数記12:5~8ー主は雲の柱の中にあって降りて来られ、天幕の入口に立って、アロンとミリヤムを呼ばれた。ふたりが出て行くと、 

仰せられた。「わたしのことばを聞け。もし、あなたがたのひとりが預言者であるなら、主であるわたしは、幻の中でその者にわたしを知らせ、夢の中でその者に語る。

しかしわたしのしもべモーセとはそうではない。彼はわたしの全家を通じて忠実な者である。

彼とは、わたしは口と口とで語り、明らかに語って、なぞで話すことはしない。彼はまた、主の姿を仰ぎ見ている。なぜ、あなたがたは、わたしのしもべモーセを恐れずに非難するのか。」

 

モーセの兄アロンと姉ミリヤム(ヘブル語名。ギリシャ語:マリヤ)が、モーセの権威に挑戦したとき、神が介入され、モーセが忠実であり、顔と顔とを合わせて語られた特別な預言者であることを指摘されました。

 

 著者は、1〜4節で『御子の人間性とわざ』について記しています。

旧約聖書で忠実だったモーセには、その忠実さにおいても『欠陥』が見られました。

osusowake.hatenablog.com

 

しかし、今や『モーセよりも偉大な方』が現れたのです。

その方に『欠陥』はあるのでしょうか?

 

 

ヘブル3:1ーそういうわけですから、天の召しにあずかっている聖なる兄弟たち。私たちの告白する信仰の使徒であり、大祭司であるイエスのことを考えなさい。

 

*天の召しにあずかっている聖なる兄弟たち…ヘブル書の受取人たちが『信者』であることを明確に示すことば。受取人たちは真の信者だったということ。

 

*召しにあずかっている…天の召命の共同相続人、の意。

受取人たちは、救いへの召しに『あずかって』いました。ヘブル3:14では、彼らは、メシアとの共同の相続人だと記されています。

ヘブル3:14ーもし最初の核心を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。

 

*私たちの告白する信仰の使徒であり、大祭司であるイエスのことを考えなさい…この呼びかけは、受取人たちが『信者』であったため。

 

*考えなさいギリシャ語:『注意深く学び、調べる』の意。

彼らはすでに信仰告白をしていました。

『イエスがメシアである』という信仰告白の次のステップは、そのメシアから『学ぶ』こと。

現在の信者はこれを怠り、祈りや奉仕に忙しくしていることが多いですね。もう一度原点に立ち返る必要があると思います。みことばに基づいた祈りをするためにも…ね。

そのためには、キリスト(みことば)から学ぶ必要があります。

みことばから離れては、何もできないからです。

マタイ11:29わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。

 

ヘブル書の受取人たちは、彼らが回帰しようとしていたユダヤ教の『レビ的祭儀制度』ではなく、『メシアから目を逸らさずに』すべきでした。

 

*使徒であり、大祭司であるメシアについての二つの称号。

 

*使徒…この点において、イエスは『モーセのよう』です。

 

使徒は預言者のように、人々に対して『神の代理』をしています。この『使徒』とは、『十二使徒』とは異なる意味を持ちます。それは『新しい時代』を来たらせる使者であり、その者を通して契約が締結されるという意味です。モーセとイエスは、そのような意味での『使徒』でした。

 

ヨハネ1:17ーというのは、律法はモーセによって与えられ、恵みとまことはイエス・キリストによって実現したからである。

 

モーセを通して『モーセ契約』が締結され、律法のディスペンセーション(時代)が導入されました。

そしてイエスを通して『新しい契約』が締結され、恵みのディスペンセーション(時代)が導入されたのです。

 

*使徒…遣わされた者、の意。

 

神はモーセを遣わされました。

出エジプト記3:11~12モーセは神に申し上げた。「私はいったい何者なのでしょう。パロのもとに行ってイスラエル人をエジプトから連れ出さなければならないとは。」

神は仰せられた。「わたしはあなたとともにいる。これがあなたのためのしるしである。わたしがあなたを遣わすのだ。あなたが民をエジプトから導き出すとき、あなたがたは、この山で、神に仕えなければならない。」

 

メシアもまた、神に遣わされました。

ヨハネ3:34ー神がお遣わしになった方は、神のことばを話される。神が御霊を無限に与えられるからである。

 

ヨハネ5:36~37ーしかし、わたしにはヨハネの証言よりもすぐれた証言があります。父がわたしに成し遂げさせようとしてお与えになったわざ、すなわちわたしが行っているわざそのものが、わたしについて、父がわたしを遣わしたことを証言しているのです。

またわたしを遣わした父ご自身がわたしについて証言しておられます。あなたがたは、まだ一度もその御声を聞いたこともなく、御姿を見たこともありません。

  

ヨハネ17:3ーその永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。

 

*使徒であり…イエスと『モーセ』を重ねています。(使徒の内容については、ヘブル書3:1~4:13で発展します。)

 

*大祭司である…イエスを『アロン』と重ねています。

『大祭司』は、神に対する人間の代表であり、その意味においてイエスは『アロン』のようです。(大祭司の内容については、ヘブル書4:14~7:28で発展します。)

 

*私たちの告白する…受取人/読者たちは、彼らの『イエスはメシアである』という信仰を公に告白していました。

 

ヘブル4:14ーさて、私たちのためには、もろもろの天を通られた偉大な大祭司である神の子イエスがおられるのですから、私たちの信仰の告白を堅く保とうではありませんか。

 

ヘブル10:23ー約束された方は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白しようではありませんか。

 

しかし、そのような彼らは、信仰告白をしていながら、イエスが彼らの『信仰の使徒であり、大祭司である』ことを検証するように勧められたのです。

 

 

ヘブル3:2モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なのです。

 

著者は、民数記の記述に基づいて、モーセが人類史上最も『忠実であった』ことを指摘しています。

 

民数記12:7ーしかしわたしのしもべモーセとはそうではない。彼はわたしの全家を通じて忠実な者である。

 *全家イスラエルの『全家』。モーセは、その中で最も忠実でした。しかしそのモーセも時々失敗しました。

イエスには、モーセがしたような『失敗』はなく、モーセに優って父なる神に忠実でした。

 

 

ヘブル3:3ー家よりも、家を建てる者が大きな栄誉を持つのと同様に、イエスはモーセよりも大きな栄光を受けるのにふさわしいとされました。

ヘブル3:4aー家はそれぞれ、だれかが建てるのですが、

 

モーセイスラエルの家にいましたが、その『家』はメシアによって建てられました。

この点においても、イエスはモーセに優ります。

 

 

ヘブル3:4bーすべてのものを造られた方は、神です。

 

すべてのものを造られた方は、神です…メシアは、すべてのものを造られました。

コロサイ1:16ーなぜなら、万物は御子にあって造られたからです。天にあるもの、地にあるもの、見えるもの、また見えないもの、王座も主権も支配も権威も、すべて御子によって造られたのです。万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです。

 

 

5〜6節では、御子の地位について記されています。

ヘブル3:5モーセは、しもべとして神の家全体のために忠実でした。それは、後に語られる事をあかしするためでした。

 

 *しもべギリシャ語:『癒す』の意。

モーセは、イスラエルの道徳的・霊的需要を満たすために仕えていたことを強調しています。しかし、その働きは『後に語られる事をあかしするため』の準備でした。

 

 

ヘブル3:6ーしかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。

 

モーセとイエスが対比されています。

モーセイスラエルの家の中でのしもべでしたが、イエスは『メシア』として信者たちが今置かれている家を治めています。

 

*神の家…この解釈には、二つの可能性があります。

⑴ 教会

エペソ2:19ーこういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。

 

神のイスラエルの家 

ガラテヤ6:16ーどうか、この基準に従って進む人々、すなわち神のイスラエルの上に、平安とあわれみがありますように。

*すなわちギリシャ語:kai  =英語:And(そして)。新改訳聖書の誤訳箇所の一つ。『置換神学』の影響によるとても重大な誤訳です。異邦人信者である『クリスチャン=霊的イスラエル』ではありません。

 

⑴ か ⑵ のどちらを取るかについては、ヘブル書全体の文脈から考慮する必要があります。その場合、より可能性が高い解釈は、⑵ の『神のイスラエルの家』となります。

いずれにしても、メシアは『神の家』を治める主です。

 

モーセは『しもべ』でしたが、メシアは『御子』として『神の家』を所有し、相続します。イエスは神の家の主の御子ですが、モーセはこの家の主に対するしもべにすぎません。

 

*もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば…締めくくり。真の信者を表すしるしがこれです!

?ただし、この箇所は信者の霊的救いの条件を説明するものではありません。もしそうならば、救いは『信仰』ではなく、『わざ』によることになってしまいます。

 

ここでのポイントは、その人に本当の信仰は、信仰に留まり続けることによって証明されるということです。

 

信仰に留まり続けない場合は、『その人は救われていない』ということではありませんが、信仰があるかどうかを証明するものが欠落していることになります。

 

クリスチャンになった後、

律法のある部分を個人的に引用し、守ることは個人の自由です。

1コリント10:23ーすべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが有益とはかぎりません。すべてのことは、してもよいのです。しかし、すべてのことが徳を高めるとはかぎりません。

 

ただし、

①他者に強制してはいけません。

②律法を守ることによって救われるのではありません。

 

私たちは、神の恵によって、キリストを信じる信仰によって救われました。

ですから、救ってくださった方を喜ばせるように、みことばに忠実な信仰の歩みをしていくことができますように。